愛車は手放したくなかったので、任意整理を選びました。

任意整理というのは、貸金業者や金融機関を個別に選んで

債務の減額について話し合いを持つことができます。

 

個人再生や自己破産のように、全ての債権者を対象にする必要はありません。
一度にすべての債権者を相手にできないため、中には面倒に感じる方もいるかもしれません。

 

ですが、個別に選んで話し合えるというのは大きなメリットなのです。

 

埼玉県出身の私にはカードローンのほか、愛車のマイカーローンとブランド品のショッピングローンがありました。ブランド品は手放しても仕方ないかと思いましたが、埼玉での暮らしでは車が必須です。

 

愛車は手放したくないと思いました。

 

もし、マイカーローンが債務整理の対象となれば、マイカーは業者によって引き上げられてしまうでしょう。
そこで、高金利のカードローンとショッピングローンのみ任意整理をしたのです。

 

つまり、自分にとってしっかり返済したい債務は残し、
それ以外の債務について返済義務を軽減できるというメリットがあります。

 

個別に選べるというのは、知っておきたいポイントの1つです。
もう1つのポイントとしては、話し合いを自分で行おうと思わないことです。

 

お金がないからと専門家に依頼しないでやろうとしても、はっきりいって無理です。

 

債権者は金融や法律の知識にも詳しく、何の知識もない素人の債務者では太刀打ちできません。
やはり、借金問題に詳しい法律の専門家に手続きを依頼するのがポイントです。

 

交渉のプロですから、任意整理もスピーディーに解決できるでしょう。

全国の任意整理相談所の総合比較サイト

街角法律相談所   無料借金減額シミュレーターであなたに最適な相談所を全国から探します。
任意整理は債権者との個別の話し合いによって、債務の軽減を求める方法です。過払い金があるケースのほか、手放したくない車のローンや、迷惑をかけたくない保証人付きのローンなど複数の債務がある場合、問題の少ない債務のみを選んで債務整理できるので、すべての債務を一括して整理したくない方に向いています。具体的な相談は、.街角法律相談所の無料借金減額シミュレーターで埼玉の司法書士や弁護士など、任意整理に強い専門家を探すことから始めましょう。

 

公式サイトはこちら

任意整理で正しい弁護士の選び方

任意整理を弁護士に頼むには

任意整理は、債権者と直接話し合って、債務の減額や返済方法の見直しに同意してもらい、返済の軽減を目指す方法です。

 

そのため、債務者がひとりで行うことも可能ですが、現実的ではありません
お金を貸してくれた債権者に対して、お金を借りている債務者が減額交渉をするというのは、立場的に難しいものがあるからです。

 

ですから、たいていの方が弁護士や司法書士などの法律の専門家に依頼しています。

 

この点、司法書士は制度上、140万円までの債務しか交渉権限がないため、
それを超える債務を任意整理したい場合には弁護士がおすすめです。

 

もっとも、弁護士なら誰でもいいわけではありません

 

埼玉県に営業所を置いている貸金業者や金融機関等の債務を整理したいなら、
埼玉県に事務所を置いている弁護士を選ぶのが理に適っています。

 

弁護士が遠方まで出張するということになると、出張費や日当など、費用が多くかかってしまうことがあるからです。

 

また、債権者の営業所が近ければ交渉もしやすく、短期間で任意整理が成立する可能性が高まります。

 

借金問題に詳しい弁護士に依頼しよう

もっとも、埼玉県に事務所を置く弁護士なら誰でもいいわけではありません。

 

借金問題に詳しく、任意整理の実績がある弁護士を探す必要があります。
弁護士にも、専門分野や得意としている分野がそれぞれあり、なかには任意整理はやったことがないという方もいます。

 

そのため、まずは、借金問題に詳しい弁護士を探すことから始めましょう。

 

インターネットで探すなら、埼玉、任意整理、弁護士といったキーワードで検索すると候補が挙がるはずです。

 

費用をチェック

任意整理をする方は借金の返済ができなくなり、お金に困っているわけですから、
弁護士に依頼するにしても費用が気になるはずです。

 

費用は事務所ごとに異なっており、支払い方法もそれぞれ違います。
主な費用として、相談料、着手金、成功報酬というのがあります。

 

最近では相談料や着手金は無料としているところもありますし、
成功報酬に関しても分割払いの方法を用意しているところもあります。

 

成功報酬は任意整理を行う債務額や、減額に成功した金額に応じて決められるほか、
債権者によって加算される場合もあります。

 

たとえば、交渉が難しいヤミ金などの場合は、追加で費用が必要なケースがあります。

 

インターネットで費用を見比べたうえ、実際に依頼する前に費用の見積もりを提示してもらい、
費用の返済方法について相談してから依頼をするようにしましょう。

任意整理と過払い金請求の違い

任意整理とは

任意整理は、弁護士又は司法書士に依頼して債権者に借金の減額交渉を行い、債権者の同意を得て示談による減額をします。

 

減額してもらった借金を3年~5年で完済することにより、任意整理の手続きは終了となります。
抱えている借金を全額返済するのは厳しいですが、返したいという意志がある方に最適な整理方法です。

 

減額してもらえる金額は、目安として利息分のカットが期待できます。

 

よって、元金の返済のみで済むので、余計な負担がなくなることで
着実に返済をしていくことができ、完済が見込めるというものです。

 

あくまでも示談による減額ですので100%確実と言い切ることはできませんが、法律家を介することにより確率は高くなります。

 

ただし交渉力が決め手ですので、任意整理に実績を持つ法律家に依頼するということが重要でしょう。

 

過払い金請求とは

過払い金請求とは、違法金利による貸付を受けていたことで払いすぎてしまっていた利息を債権者から取り戻すための請求です。

 

これは2010年以前に存在していたグレーゾーン金利で貸付を受けていた方に限ります。

 

グレーゾーン金利はその当時の非常に曖昧な法律の上で存在してたため、
違法性は白黒つかない灰色であり、そのため一時期はグレーゾーン金利での貸付が横行していました。

 

ただ、違法には違いなく、本来は払う必要がなかった利息なので請求すれば取り戻すことが可能です。

 

また、ここで過払い金があれば、返還される過払い金で借金を相殺して借金を減額することが可能です。
例えば100万円の借金に対して30万円の過払い金があれば、100万円と相殺して残り70万円の借金の返済を行うことになります。

 

そのため、もしも過払い金が100万円あれば完済となりますし、
過払い金が120万円あれば手元に20万円の現金が残ることにもなります。

 

任意整理で過払い請求ができる

任意整理と過払い金請求は全く異なる借金減額方法です。

 

ただ、過払い金請求はそれ自体を単独で行うこともできますが、任意整理の中で行うことも可能です。

 

本来、任意整理は借金を減額するための交渉を行う方法です。

 

そして、減額交渉に入る前に、整理対象の債権者に今までの取引履歴を開示させ
過払い金が発生していないかという確認を行います。

 

もし、ここで過払い金があり、借金が相殺されれば減額交渉を行う必要がなくなりますが、
過払い金と相殺しても借金が残った場合は、交渉でさらに借金の減額をすることが可能です。

任意整理は返済を続けることが前提

利息が増えていく仕組み

債務整理のひとつに任意整理という方法があります。

 

こちらは元金はそのままで、利息をカットするように弁護士が交渉していくものです。
利息のカットでは物足りないと考える方は多いでしょうが、実は元金を減らす以上に効果はあるのです。

 

高金利ローンで返済不能に陥っている方は、月々の返済額を最小限に抑えているでしょう。

 

リボルビング返済を設定している方が多く、指定できる返済額のなかで最小額を設定している方が少なくありません。
すると、おのずと返済期間が延びるので、元金がなかなか減らず、利息だけが膨らんでいくのです。

 

リボルビング返済を導入している方だと、100万円しか借りていないのに、
すでに200万円以上返済している、なんて方も普通にいます。

 

なぜ借金が減らないかというと、返済しても利息で消化されてしまい、元金がほとんど減らないからです。

 

焼け石に水とはまさしくこの状態であり、利息が膨らむ状態を解消するには元金を減らすしかありません。
しかし、利息が多いゆえに元金が減らす、結局は利息が増えるという悪循環に陥ってしまうのです。

 

返済しても返済しても元金が減らない状態になったら、それはまぎれもなく借金地獄です。

 

早急に債務整理を検討しなければいけません

 

任意整理では借金をゼロにはできない

借入額がそれほど大きくなければ、任意整理が使えます。

 

弁護士が債権者と交渉して、利息をカットしてくれるのです。
交渉が成立すると、利息がゼロになる、つまり金利もゼロになります。

 

月2万円ずつ返済すれば、確実に2万円はローンが減るので、元金はどんどん減っていきます。

 

この方法は債権者が受け入れやすい方法でもあり、簡易的な債務整理としてよく使われています。
ただし、元金を減らすことはできずに残りますので、それは3年間を目安にして返済していく必要があります。

 

債権者が同意してくれる返済期間は3年間と言われているので、それ以上の期間を設定するのは難しいと考えていいでしょう。

 

つまり、元金を3年間で返済できるなら任意整理は非常に効果的ですが、
返済できないほど借金が大きいのであれば、別の方法を検討する必要があります。

 

キャッシングやカードローンなどの整理には、任意整理がよく使われています。

 

借入総額が少ない、借入件数が1~3社という方は任意整理だけで整理できることが多いので、債務整理の第一候補として検討してみましょう。
弁護士報酬も最も低く、報酬の分割払いに対応してくれることも多いです。

↓ 借金のお悩み解決なら、街角法律相談所へ ↓


街角法律相談所


公式サイトはこちら