債務整理をして、借金を減額しましょう。

私は、借金を返そうとして無理に仕事を増やしたことがあります。

 

昼間の仕事の他に、夜間にコンビニやキャバクラなどを入れて、
不眠不休で稼いで借金返済に充てるつもりだったのです。

 

ですが、無理がたたってしまい体調を崩してしまいました。

 

体調を崩すと本職の方にも響いてしまい、結局は収入が減ってしまったのです。
そこで収入を増やすことも大事ですが、もっと賢く借金を返す方法を考えました。

 

それは今の借り入れを徹底的に見直すということです。

 

ただ返し続けるのではなく、しっかりと自分の借金を見直し無駄がないか、
損をしていないかを確認することで返済額を減額できる
こともあるのです。

 

そこで見つけたのが、債務整理という方法です。

 

債務整理は弁護士や司法書士などのプロの専門家に依頼して、借り入れを整理してもらう方法です。
借金の金額が圧縮されるので、返済額の減額が目指せます。

 

こうした債務整理をすることで、多くの方が借金の減額に成功しているのです。

 

ひとくちに債務整理といってもさまざまなものがあり、任意整理、
個人再生から自己破産まで自分にあったものを選ぶことができることを知りました。

 

こうした債務整理をすることで、今まで支払いすぎていた過払い金を取り戻すことも可能なケースがあります。

 

私の場合も過払い金を取り戻すことができ、借り入れと相殺をしたり逆に返還金額が上回ったのです。
まずはこのような借り入れや返済方法の見直しをするのが賢い返済の仕方と言えるでしょう。

全国の債務整理相談所の総合比較サイト

効率よく返済をするためには、どのようなことをすればよいのか。

 

これは、返済に悩むすべての方が知りたい問題でしょう。収入を増やすことも大事ですが、さらに効率的なのが今ある借り入れを見直すことです。

 

とは言っても具体的にどのようなことをすればいいのか、
どこに相談したらいいのかわからないという方は多くいらっしゃることでしょう。

 

賢く借り入れを返済するためには、街角法律相談所の無料借金減額シミュレーターを利用するのがおすすめです。こちらのサイトは無料で行えます。

 

具体的には、自分に最適な相談窓口を紹介してくれるシミュレーターになります。

 

借り入れの問題は、出来るだけ誰にも知られずに行いたいと思いませんか。
そんな気持ちを尊重して、このシミュレーターは匿名で利用することが可能です。

 

自分の住んでいる都道府県、更にメールアドレス、そして借金の額などを入力するだけで、
本名の記載なく最適な相談窓口を紹介してもらうことが出来ます。

 

メールアドレスはフリーメールでも大丈夫ですから、完全に匿名で相談することができるのです。

 

借金の悩みは知人や友人、また家族など周りに相談することができないものですよね。

 

ですが、こちらのサイトには賢く借金を返済している方のさまざまな体験談が掲載されていますので、
自分のケースに合わせた体験談をチェックすることができます。

 

このようなサイトは一人で抱え込む必要がないため、とても安心することが出来るでしょう。

 

便利なサイトを利用して、膨れ上がった借金を賢く返済していきましょう。

 

公式サイトはこちら

借金を返すまでの順番

借金返済に悩んだらまずしたいことは

長年返し続けた借金なのになかなか減っていかない、返しても返しても終りが見えないなど、
借金返済の壁に当たった時にまず行いたいことがあります。

 

それは、ただ返すだけの生活を見直すということです。

 

本業の他に副業をして収入を増やして返していこうという方もいるでしょう。
その意気込みは大事ですが、ダブルワークは長く続かない人もいます。

 

もし体調を壊して仕事まで失ってしまっては、返せる借金も返せなくなってしまうでしょう。

 

収入を増やすことを考えるよりも先に今ある借金を見直し、より賢い返済方法がないのかを考えることが大事です。

 

借金の専門家に債務整理の相談をする

なかなか元本が減らない方、失業や病気など様々な事情で返済ができなくなってしまった方などの
生活の立て直しのためにあるのが債務整理です。

 

債務整理にもさまざまな段階や方法があり、自分に最もあったものを選ぶために弁護士などに相談するのが良いでしょう。

 

債務整理の考え方は、借り入れを圧縮して、計画を立てた返済をして
生活の再建を目指していくという、消費者目線のシステム
なのです。

 

払いすぎた利子を取り戻して借り入れ減額を

過払い金とは、過去に支払った利子の中の支払いすぎた分をさします。

 

驚いたことに多くの消費者金融やカード会社が、法定利息よりもより多くの利子を過去に取っていたのです。

 

長く借り入れを続けている方は、こうした過払い金が発生している可能性がありますので、
弁護士に相談して過払い金請求を行い、借り入れ減額を目指すことができます。

 

任意整理で穏やかに借金圧縮を

任意整理は、債務整理の中でも裁判所を通さない最も穏やかなものです。

 

弁護士に依頼して受任されると、債権者からの督促がピタリと止み、取立てのストレスから解放されることができます。
その後、計画に基づいて圧縮した借り入れを返済していき、生活再生を目指せます。

 

裁判所に申し立てしないので、官報に名前が載ることもありませんし、
会社にも知られずに借金を整理できるのが大きな利点です。

 

生活の再スタートができる自己破産

自己破産というと人生の終わりのようなイメージがありますが、そうではありません。

 

自己破産をすることですべての借り入れをゼロにし、それ以降の仕事で得たお金は借金返済に充てなくて済むというものです。
借金生活を終わらせて、そこから新たなスタートを切ることができる消費者のための制度です。

 

自己破産では主な家財を一旦失ってしまいますが、個人再生を選べば
マイホームを残すことができるなど、さまざまな債務整理の制度があるのです。

 

こうした債務整理を使って、現状の借り入れの状態を見直すことで、より賢い借金返済が出来るでしょう。

借金を返済する具体的な方法

返済は考えて返していくのがコツ

まず自力で返済をしていこうという場合、いくつかの借り入れがあったら利息の高いものから、
そして借入額が少ないものから返していくのが良いでしょう。

 

まんべんなくすべての借り入れを返済していくのではなく、
優先的に返済するものを見極めることで、返済がスムーズになります。

 

利息の高いところを長く返し続けているとそれだけで損してしまうので、そうしたところは借り換えるか、優先的に返済しましょう。

 

そして完済した口座は解約して、借入先を完全になくしていくのが信用度アップにつながります。

 

借入先が多いだけでも信用はダウンしてしまうのです。

 

借り入れを一本化する

複数ある借り入れを一本化するという方法もあります。

 

おまとめローンとも言われるこの方法は、複数ある借り入れをひとつにまとめて返済していくというものです。
この方法のメリットとしては、ローンを一本化することで数ある返済日を一つにまとめることができるという点です。

 

たくさんの返済日に追われるストレスから解放され、ひとつの返済日に集中することができるでしょう。

 

また借入をまとめることによって、利子の軽減をすることもできます。

 

総額で同じ金額の借り入れなら、細かい借り入れをいくつも抱えるよりも
大きなものをひとつ借りる方が利子が少なくて済むからです。

 

ローンを一本化することで返済総額も減らすことができるのです。ただしこの方法にもデメリットはあります。

 

それはローンを一本化したことにより、ほかの借入口座が空いて、再び借金をしてしまう可能性もあるということです。
そうなれば元の木阿弥ですから、一本化した後には他の口座をすべて解約して返済に集中する覚悟が必要です。

 

賢く返済するには債務整理

さらに賢く返済するためには債務整理がお勧めです。

 

長年複数の借り入れを抱えている方などは、過払い金が発生している可能性もありますし、
債務整理をすることで過払い金請求も一緒に行うことができます。

 

任意整理は借り入れを圧縮して、将来に亘る利子をカットし、3年から5年にかけて集中して返済していくというものです。

 

裁判所を通さないので、官報に名前が記載されることもなく、公にすることなく借り入れを整理することができるのです。
借入額が大きいけれど、マイホームを手放したくないという方は個人再生をするのが良いでしょう。

 

借り入れの圧縮幅が大きく、マイホームを手放すことなく返済をすることができます。

借金返済に当たっての注意点

連絡なしの滞納は絶対にいけません

借金を返しているうちに、どうしても回らなくなってしまい逃げ出したくなることがあります。

 

だからといって債権者に何の連絡もなしに滞納するのはとても危険です。
借りている身でありながら、業者に待ってくださいと連絡するのは確かに気まずいことですし、大変勇気がいるものです。

 

だからといってそのまま無断でいると、財産の差し押さえなどをされてしまうこともあり得るのです。

 

差し押えとは何か

差し押えとは、家や財産などを借金のカタに取られてしまうことです。

 

無断で借金を滞納し続けていると、裁判所から訴状が届きます。

 

そこで速やかに対応すればよいのですが、怖くなってそのままにしてしまうと、
業者の訴えを認めたということになり、差し押さえが始まる可能性があります。

 

消費者金融などでの借金100万円までなら、差し押さえられるのは
貯金や給与、家財道具などで住まいを差し押さえられることはありません

 

なので、着の身着のまま放り出されるということはありません。
給与は1/4までの差し押さえが認められていて、物品は売却されてしまいます。

 

でも給与の差し押さえなどになると借金のことが会社に知られてしまうことになります。

 

なので、秘密にはしておけなくなってしまいますし、口座が凍結されていて
自分で自由に引き下ろせなくなってしまう
こともあり得えるのです。

 

訴状が届いたら

借金滞納により裁判所から訴状が届いたら、無視せずにきちんと受け取って目を通し、
その上で裁判所に答弁書を提出しましょう。

 

これは弁護士に依頼して行うもので、同時に債務整理をすることができます。
民事再生や自己破産申し立てをすると、財産を差し押さえられることは中止されます。

 

大事なことは滞納を繰り返したり、業者からの連絡を無視することなく、
行き詰まりを感じたら弁護士などの専門家に相談して、早めに借り入れを見直すことです。

 

借金で行き詰まることは誰にでもある

最初は小さかった借金も、借り入れを繰り返すうちにだんだん利子が膨らんできてしまうことがあります。

 

返済するために次の消費者金融から別の借り入れをしてと、
複数の借金ができてしまうと返済がますます難しい自転車操業に陥ってしまうのです。

 

芸能人や実業家など、どんなに稼ぐ人でも借金が膨らんで人生から転落してしまうことがあります。

 

借金というものは大きくなればなるほど解決が難しくなるので、
出来るだけ借り入れが小さいうちに弁護士などの専門家に相談することが大事なのです。

 

↓ 借金のお悩み解決なら、街角法律相談所へ ↓

 

 

公式サイトはこちら