信頼できる弁護士との出会いがとても重要です。

東京で個人再生を成功させるには、
何より信頼できる弁護士との出会いが大切と経験者として思います。

 

個人再生は地方裁判所に申立てをして行うのですが、申立ての書類はもちろん、
手続き中に必要となる書類の作成もとても素人ではできません。

 

やはり、法律の専門家に依頼するのがベストです。しかも、地方裁判所の手続きを代理できるのは司法書士では制度上無理なため、弁護士にお願いする必要があるのです。

 

弁護士にもいろいろな方がいて、国際弁護や法人などを相手にしている方から、
個人の案件でも離婚や交通事故の示談などを得意とされている方もいます。

 

重要なのは借金問題に詳しい弁護士を探すこと、
かつやはり個人再生を成功させた経験が豊富な方を探すことです。

 

弁護士事務所のホームページを見ると、経験が豊富で実績がある事務所ほど内容が詳しく書かれており、
手続きの流れや過去の利用者の声などが豊富に掲載されています。

 

一概にはいえませんが、こうした内容の濃さを目安に
まずは幾つか候補の事務所を探すといいでしょう。

 

そのうえで、必ず面談にいきます。

 

最近は最初の相談や面談は無料で行っている事務所も多いので、最初から費用を心配する必要はありません。
面談でチェックしたいのは、自分の将来を預けて大丈夫な人かどうかの見極めです。

 

個人再生は債務整理をして、今後の生活を立て直せるかの
大きな岐路となるものであり、自分の人生を左右するものです。

 

自分と二人三脚でサポートしてくれる、弁護士との出会いがとても重要になるのです。

全国の債務整理相談所の総合比較サイト

街角法律相談所   無料借金減額シミュレーターであなたに最適な相談所を全国から探します。
個人再生は住宅ローン返済中のマイホームを維持しつつ、現在の仕事や事業を続けながら生活再建ができる手続きです。裁判所を通じて行われ、再生計画の作成など一般個人が単独で行うのは難しい側面があります。個人再生を成功させるには、専門家の手を借りることが不可欠になります。東京にはたくさんの法律事務所がありますが、どの事務所でも借金問題を扱っているわけではありません。街角法律相談所の無料借金減額シミュレーターで、個人再生のプロと出会いましょう。

 

公式サイトはこちら

個人再生をすると親戚や家族に迷惑がかかるのか?

個人再生は個人的に整理できる債務整理

個人再生をしたいけど、親戚・家族に迷惑がかかる可能性があるため躊躇している方は多いです。

 

親戚に取立てが行ったり、家族がローンを組めなくなったり、などと考えている方は多いでしょう。
これについては、迷惑のかかる場合と、かからない場合があります。

 

個人再生が任意整理と違うのは、整理をするローンを選べないことです。

 

任意整理の場合ですと、5社のうち3社だけ整理して、
あとの2社は従来どおり返済を続けていくという方法が使えます。

 

しかし、個人再生の場合はできないので、すべて整理するかすべて整理しないかの2択しかないのです。

 

もし債務整理をすることになり、親戚が連帯保証人になっているローンがある場合は、
当然負担をかけることになります。また、親戚から借金をしている場合も同様です。

 

個人再生をすると借金が5分の1まで減額されますが、親戚が返還を期待できる金額も5分の1になるということです。

 

親戚から100万円借りている状態で個人再生をすると、親戚に返還するべき借金は20万円になります。
これは相手からすると、非常に厳しい状態でしょう。

 

そのため、親戚・家族からお金を借りている場合は個人再生とは関係なく、個人的に返済していくべきでしょう。

 

借入先に親戚・家族・友人などが設定されていない場合は、気兼ねなく個人再生の手続きが行えます。

 

個人再生で借金を減らそう

最近はほとんどの情報がインターネット上で手に入ります。

 

東京で個人再生に強い弁護士を探すことも容易です。
サイト上から各弁護士事務所の概要を見ることができますし、そのまま依頼もできます。

 

個人再生のプロばかり集めたサイトなので、実績のない弁護士に依頼してしまう心配がありません。

 

個人再生をして、会社にバレることはありません。
債務整理をすればバレるという話は、ドラマから派生したものです。

 

自分から話すことをしなければ会社はわかりませんし、仮に知られても何の問題もありません。
個人再生を理由に解雇することはできないのです。

 

官報には掲載されますが、官報を閲覧する方は非常に少ないです。

 

そのため、官報を見られてバレるよりもむしろ自分で個人再生したことを話してバレる可能性のほうが高いでしょう。
弁護士の借金相談を受けるときは、個人再生を行うことで生じる影響についても聞いておくべきです。

 

自動車ローンを利用している場合、クルマを処分するように促されることもあるでしょう。

 

手放せるもの、手放せないものをハッキリと伝えておきましょう。

個人再生をすると、ローン中の車はどうなるのか?

一般的にはローン会社による引き上げが行われる

個人再生をする場合、既にローンの支払いが終了している車を
手放さずに済むという話を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。

 

そして、それならばローンの支払いを行っている途中の車を持っている場合は
どうなるのかと気になっている方も多いことと思います。

 

結論から言えば、個人再生をした際にはローン中の車は手放すことになる場合が多いです。

 

個人再生の手続きでは、自動車のローンについても含めた債務額の減額を申し立てることになりますので、
当然、関係者である自動車ローンの会社へも通告が行くことになります。

 

そうして通告を受けたローン会社が、ローンを満額きちんと支払えないのであれば
車の引き上げを行うという選択をした場合には、車を手放すことになるのです。

 

引き上げが行われる場合、大抵は、個人再生の手続きをとり始めてから1か月以内にローン会社から連絡が来て、
日程等の調整が行われた上で引き上げが実施されることになります。

 

所有権が債権者にある場合には引き上げは行われない

しかし、ローンの支払いが終わっていない車は必ずローン会社によって
引き上げが行われるかと言うと、そういうわけではありません。

 

ローン中の車の所有権が債務者にある場合には、
ローンの支払いが途中であったとしても、引き上げが行われることはないのです。

 

所有権がどこにあるかを確認するには、車検証の所有者名義欄を確認してみましょう。

 

ここに、自動車販売店や自動車ローン会社の名称と住所ではなく、
債務者の名前と住所が書かれていれば、所有権は債務者にあるということになります。

 

ただ、所有権が債務者にあれば、何のデメリットもなく
車を所有していられるというわけではないので注意が必要です。

 

保証人に対してローンの残債の一括請求が行く場合が多い上、車が財産と見なされることで、
個人再生手続きで減額される債務額が少なくなり返済の負担が重くなることがあります。

 

その点を考慮した上で、車を所有し続けるかを判断することが大事です。

 

事情を考慮してもらうことも可能

ちなみに、車の所有権が販売店やローン会社にある場合であっても車を手放さずに済む場合もあります。

 

車を自営業の業務で利用していたり、車がないと生活できない特別な理由がある場合は
手放さずに済むような形での個人再生の認可が下りることがあるのです。

 

もちろん、そのためには事情も含めて裁判所に対して申し立てを行う必要があるので、手続きが大変になります。

 

ですから、債務者に対して親身になり大変な手続きも快くこなしてくれるような
弁護士を東京で見つけることが、まず大切になるでしょう。

個人再生を自分で申し立てる

個人再生は自分で行うか専門家依頼するか

長引いた不景気により実質的な手取り収入が減ってしまい、
ローンを返済できなくなったという方も多いことでしょう。

 

日常生活を営むためには、借金を返済するために借金してしまう
自転車操業的なローン生活を送られている方も少なくありません。

 

何とかまともな日常生活に戻りたい、そんな方を支援するのが法的にも認められている個人再生手続きです。

 

個人再生の手続きは、消費者金融や信販会社などの無担保の借金残が5000万円以下の方で、
安定収入を得る見込みのある方が、まず計画的返済計画を作成します。

 

そして簡易裁判所や地方裁判所に申し立てることで、それが認められれば最大で借金総額の8割が減免されます。

 

施行当時は、自己破産しないで再生できる平成の徳政令とも言われました。
これが裁判所に認められれば、裁判所は債権者である貸金業者に借金の取り立てを禁止する命令を下します。

 

そして、最低100万円以上か借金総額の20%のどちらか多いほうを
3年間で毎月割賦で返済すれば、借金をきれいに整理できるのです。

 

この手続きの最大の特徴は、債務者の日常生活を送るうえで欠かせない資産を守ることにあります。
例えば住宅ローン返済中のマイホームを手放さずに、借金返済ができます。

 

あるいは個人事業主の方なら、業務上欠かせない機材などの固定資産も守られるのです。

 

ですから、こうした資産を借金の形に取られることもありません。

 

実は裁判所では、個人再生手続きに際して、ホームページ上で
手続き用紙のダウンロードができるようになっています。

 

つまりは、自分で計画的返済計画が作成でき、安定収入の見込みがあると証明できる方なら、
司法書士や弁護士を通さずに申し立てできるのです。

 

ただし、それには裁判所が認める返済計画を作らなければなりません。

 

また返済計画が受理されると、裁判所は債権者との調停を行いますが、
債権者も納得させられる返済計画でないと却下される恐れもあるのです。

 

その意味では、最も確実なのが専門の法律家に依頼することでしょう。

 

東京にお住まいの方なら、債務整理のサービスを利用すれば、お近くの法律家を簡単に見つけることができます。

 

個人再生手続きを自分で行うときは最大の障害に注意

この手続きをすると、数年間はブラックリストに載り、新たなローンを組んだり、
クレジットカードを作ることができなくなるものの、財産も社会的地位も確保できます。

 

しかし自分で手続きするとなると、申し立て文書作成で手間取ることは言うまでもありません。

 

なんとか受理されたところで、今度は債権者が拒否すれば却下されてしまいます。

 

時間が経過すれば利息という借金が借金を生んでしまうのです。
そんなとき、真の専門の弁護士や司法書士であれば、確実な返済計画を作成し確実に受理されます。

 

また、債権者へのあらかじめのネゴもしてくれるので、迷うことなく目的を達成できるでしょう。

↓ 借金のお悩み解決なら、街角法律相談所へ ↓


街角法律相談所


公式サイトはこちら