家族にもバレずに借金問題を解決できます。

不景気と言われる中、生活が苦しくなる人も少なくありません。

 

多額の借金を抱えてしまっている人は、返済方法に毎日悩み続けているのです。
そういった人達の為の返済解決方法があります。

 

それは、債務整理をしてくれる弁護士または司法書士事務所に相談に行ってみることです。

 

債務整理とは、債務者と債権者で月々の支払いについて話し合ったり、
任意で交渉して無理のない返済をしていく任意整理があります。

 

また、生活最低限の物だけを残して借金をゼロにしていく自己破産など他にも様々な方法があるのです。

 

その中から弁護士達が、今の状況や残りの借金額などを考えて、
依頼者に1番返済しやすい方法を見つけてくれます。

 

最近では、相談も無料でしてもらえ、依頼するまで親身になって相談を受けてくれる事務所が多いです。

 

また、弁護士などへ支払う着手金や成功報酬などの費用も、
後払いや分割払いが出来る事務所も増えています。

 

これは、依頼者の立場になって考えてくれているからこそ出来ることだと思います。

 

多額の借金を抱えている人は、弁護士や司法書士事務所への費用まで
すぐに支払うことは、非常に難しいからです。

 

良い事務所は、そういうことも考えてくれるので、依頼者の負担も減り、
家族にもバレずに借金問題を解決させることも出来るのです。

 

弁護士または司法書士には、債務整理を得意分野とするプロが大阪にはたくさんいます。

 

やはり、そういったケースに強く、実績や経験のある事務所に相談することで、
借金問題の早期解決に繋がるのです。

全国の債務整理相談所の総合比較サイト

街角法律相談所   無料借金減額シミュレーターであなたに最適な相談所を全国から探します。
借金が膨らんで、どう頑張っても返済できる気がしない、という場合は、ひとりで悩まず、まずは専門家の意見を聞いてみてはいかがでしょう。案ずるより産むが易しという諺もありますし、安心できるような方法があるかもしれません。しかし、大阪で債務整理を行なう事務所を探すとなると、数が多すぎてどこに依頼していいか迷ってしまう場合もあります。それなら、街角法律相談所というwebサイトで検索してみて下さい。債務整理に強い専門家がいる事務所が掲載されています。だいたいの所在地や電話番号なども載っているので、参考になるのではないでしょうか。

 

公式サイトはこちら

借金で困った時は債務整理をする

借金の利息は借入額を超えることもある

膨らんだ借金の返済は容易ではありません。

 

借金には必ず利息がつくので、借りた金額に手数料を加えて返済しないといけません。
この手数料が非常に大きく、ときに元金を超えることもあるのです。

 

100万円しか借りていないのに、完済まで300万円返済した、
なんてことはローンの世界では当たり前のようにあります。

 

今のキャッシングやカードローンは低金利を売りにしており、昔よりも良心的になったのは確かです。

 

しかし、それでも18.0%という金利が当たり前なのです。
銀行に預金して18.0%の金利がつくなどありえるでしょうか?

 

そうして考えると、いかにローンの金利が大きなものかわかるでしょう。

 

金利に比例して利息も膨らむので、利息を減らすためには低金利ローンに乗り換えるのが効果的です。

 

とはいえ、数%の金利引き下げがいいところであり、返済額を大幅に減らすことは困難です。
返済できないほど借金が膨らんだときの選択肢は、逃げ切るか債務整理をするしかありません。

 

前者は簡単そうで非常にハードルが高く、ほとんどの方は債務整理に移行しています。

 

借金の時効は10年間あり、その期間中逃げ切ることは精神的にも無理があります。

 

大阪で債務整理をするなら街角法律相談所

大阪で借金にお困りの方は、街角法律相談所を利用して解決しましょう。

 

このサイトでは、借金解決を得意とする相談所を紹介しています。
過払い金返還請求、任意整理、個人再生、自己破産など、各種債務整理に対応しています。

 

債務整理を弁護士に依頼する場合、決して安くはない報酬が必要となりますが、
コストパフォーマンスの高さを考慮すると、自分で整理するよりもずっと効率的です。

 

特定調停を利用すれば自分で借金整理ができますし、過払い金返還請求も自分で行うことができるのです。

 

しかし、弁護士と同じ効果を期待できるのであれば、弁護士など法律家は不要でしょう。

 

両者の最大の違いは交渉力にあり、債権者に対していかに有利に交渉できるかの違いがあります。
弁護士が交渉すれば1日で終了するような手続きでも、素人が行うと数ヵ月もかかることが多いのです。

 

過払い金の返還を例にしても、返還額がまったく変わってきます。

 

弁護士に依頼して200万円取り戻せるならば、自身で行うと50万円も取り戻せないことがあります。

 

費用対効果を考えると、報酬を支払って弁護士に債務整理を依頼したほうがお得になるのです。

債務整理をする~司法書士の選び方~

認定司法書士であるか

大阪で債務整理をするにあたって、司法書士に依頼をしたいという場合、
大阪で開業している司法書士なら誰でもいいというわけではありません。

 

訴額が140万円以下の民事訴訟における簡裁訴訟代理権限を持っている事が必要です。

 

また、裁判外でも債務者の代理人として債権者と和解交渉をしたり、
借金トラブルについて相談を受けアドバイスをするには、単なる司法書士では権限はありません。

 

認定司法書士である必要があります。

 

認定司法書士になるには、司法書士としての国家試験に受かるだけでは足りず、
特別な研修を修了したうえで、簡裁訴訟代理等能力認定考査に合格しなければならないのです。

 

そのため、まず大阪で司法書士を選ぶには、認定司法書士であるかを確認してください。

 

認定司法書士ができること

認定司法書士の権限というのは、
一般の司法書士を超え弁護士よりは範囲が狭くなります。

 

借金トラブルに関するアドバイス業務に加えて、140万円以内の任意整理、
140万円以内の過払い金の返還交渉、および、140万円以内の訴訟や特定調停の代理ができます。

 

そのため、司法書士に依頼するにあたっては、ご自身の債務額が140万円以下であることも求められます。

 

もっとも、明らかにこの金額を超えている場合は別として、
債務額が不明確なケースも多いため、まずは相談してみる価値はあります。

 

認定司法書士に債務整理を依頼し、債権者に対して受任通知を送付すると、
債権者は督促をやめなければなりません。

 

この取立禁止の効力は、通常の司法書士では認められず、認定司法書士のみに認められています。

 

140万円以内の債務であれば、簡易裁判所で債務者の代理人として弁論したり、
調停や和解の代理をしてもらえます。

 

ただし、140万円を超えると管轄が地方裁判所となるため、代理権が認められません。

 

また、個人再生や自己破産も管轄が地方裁判所となるため、代理権がないのです。

 

これらの場合は、直接代理することはできないので、
債務者自身が申立人として手続きを進めることになります。

 

その為、手続きに必要な書類の作成や手続きのサポートを受けることが可能です。

 

債務整理の実績と相性

いかに認定司法書士の資格を持っているといっても、債務整理の実績がないと不安が残ります。

 

やはり、知識だけではだめで、経験が増えるほど、
債務者に有利にスムーズな手続きが進められるようになります。

 

そのため、過去の債務整理の実績や評判などもチェックするようにしましょう。

 

また、専門家に依頼する場合は、相性も重要です。自分が信頼できる方に頼むのがベストです。

債務整理中でも融資は可能なのか

債務整理中の借入れ

債務整理を行っている最中に、どうしてもお金が必要になってしまい
借入れを考えているという方は少なくありません。

 

そもそも返済が厳しくなったために債務整理をするのですから、ここで借入れをしてしまうようでは本末転倒です。

 

よって、債務整理中の融資は原則タブーとされており、借入れしてはいけないことになっています。
ただ、絶対に不可能である言い切ることもできません。

 

例えば任意整理期間中で、減額してもらった債務をきちんと返済していけてる債務者なら、
融資を認めてくれる金融会社も存在します。

 

ただし、この場合は知名度がある大手ではなく中小業者による融資になるでしょう。

 

中小業者でも融資をしてくれる業者がいるだけありがたいかもしれませんが、
金利は高めに設定されており、違法業者もまぎれているため注意しなくてはなりません。

 

自己破産は免責不許可事由になる

上記のケースもありますが、自己破産においては債務整理中の借入れは
免責不許可事由になっているため絶対に不可能です。

 

免責不許可事由とは、免責が不許可になる項目を定めています。

 

自己破産で借金を免除するためには、
破産申立てをして裁判所に免責許可をもらう必要があります

 

つまり、免責許可が下りなくては借金をチャラにすることはできないということです。

 

その免責が不許可になるケースを記載しているのが免責不許可事由なのですが、
その項目の一つに破産中の借入れ禁止があります。

 

もし破産中に借り入れをした事実が知られると破産は無効になり、借金の免除もできなくなるでしょう。

 

いずれにしても厳しい

条件によっては債務整理中の借入れは絶対に不可能というわけではありません。

 

ただ、現状は厳しいでしょう。

 

そもそも借入れを行うということは事前に審査を受ける必要があるため、
ここで個人信用情報機関に登録されている情報が加味されます。

 

個人信用情報機関とは、債務者のこれまでの借り入れ状況を管理している場所であり、
登録されている内容が著しく悪いと融資はしてもらえません

 

債務整理をするくらいですから、これまでに返済の延滞や滞納をしているはずですし、
そうなれば信用情報がいい状態とは言えないでしょう。

 

また、債務整理を行ったという記録も残っていますので、となれば審査に通過することも必然的に厳しくなります。

 

結論をいえば、債務整理中の融資は諦めた方がいいということです。
生活を立て直すことを重視し、お金が必要な場合は借り入れ以外の対策を考えてください。

↓ 借金のお悩み解決なら、街角法律相談所へ ↓


街角法律相談所


公式サイトはこちら