借金を240万円から50万円まで減額できました。

私はOLをしていて、キャッシングのお世話になることはないなと思っていました。

 

ですが、社会人になってから友人が増えたりして、交友関係が広くなったおかげで交際費が沢山必要になったのです。はじめは一社からだけだったのですが、借入をすることに少し慣れてしまい、他の業者からもどんどん借金を重ねてしまいました。

 

総額にすると240万円で、これは普通のOLがすんなりと返済できる金額ではありません。

 

家族からお金を借りようかと悩みましたが、お金の管理も出来ないのかと思われるのが嫌だったので切り出せませんでした。かといって、友達に借金の返済を手伝ってもらうわけにはいきません。

 

多重債務というのは複数の業者から借金をしているという状態ですので、
返済日が業者によってまちまちになりますし、借金の管理が出来辛い状態になっています。

 

私みたいな多重債務者になってしまった状態であれば自力で解決するのは到底不可能です。

 

そこで、法律事務所を訪ねることにしました。今までの経緯をすべて話すと、債務整理をしましょうとすすめられました。

 

複数社から借り入れている分をひとつにまとめて、粘り強く交渉してもらえたお陰で、
240万円から50万円まで減額することができました。

 

これなら、毎月の返済に追われることもありませんし、何よりも返済日が全部一緒になったのが嬉しいです。

 

これからは、お金の使い方もしっかりと考えていこうと思います。一人で悩まないで、法律事務所に相談をして良かったです。

全国の債務整理相談所の総合比較サイト

軽い気持ちで利用したカードローンがいつの間にか多重債務になってしまい、
どうすればいいのか分からないという人は若い世代から中高年に多いです。

 

いくら働いて返済しようとしても、借金の額が大きすぎて元金が減らないと悩みはどんどん膨れあがるばかりです。そんな時は、専門家に相談するのが一番です。

 

でもどこに行けばいいのか分からないという人には、
街角法律相談所の無料借金減額シミュレーターというサイトをおすすめします。

 

このサイトは弁護士事務所が運営していますので、
誰でも安心して相談することができます。

 

借金の減額が出来るように情報を提供してくれているので、多重債務で悩むこともなくなります。

 

質問事項もメールアドレスだけで、自分の名前や住所を入力する必要はありません。
その他の質問でも借入件数や借入総額、毎月の返済額、住宅ローンの有無しかありません。

 

ですので、手間がまったくかからないのです。また、このサイトは無料で利用することができます。

 

質問内容に答えたら、提携している全国の法律事務所の中からふさわしい事務所を紹介してくれます。
そのため、自分で相談所を渡り歩く必要がありません。

 

事務所を探すことができれば、後は具体的に相談して多重債務の解決を図ります。

 

借金に悩んでいるあなたも街角法律相談所の無料借金減額シミュレーターを利用して、
多重債務を解決する一歩を踏み出してはいかがでしょうか。

 

公式サイトはこちら

多重債務とは、また陥る原因

現在はクレジットカードやカードローンなどを使うことによって、簡単に現金を借りることができます。

 

欲しいものがあった時に、現金が無ければカードを使うことで購入することができます。
このように現金が手に入り欲しい物を購入する事が出来るのですが、後で返済をしないといけなくなります。

 

返済が滞りなくできるのであれば全然問題はありません。

 

ですが、返済が遅れだすと色々と問題が出てきます。

 

多重債務とはどんな状態か?

多重債務というのは、複数の業者から借り入れをしている状態の事を指します。

 

個人の返済能力を超えて借り入れをしているため、返済するのが難しい状態です。
自分の収入には限界があるため、自力で返済するのは不可能となってしまうのです。

 

最初は返済できると思っていても、金額が増えてしまうと返済額は当然多くなっていき、
次第に返済できない状態になってしまいます。

 

1つの業者の借金の返済に困ったら、また別のところから借り入れをすることを繰り返していき、
知らず知らずに借金額が膨れ上がっていきます。

 

多重債務に陥る原因は

多重債務に陥る原因は人によって様々です。今回は例を2つほど紹介します。

 

一つ目は、突如失業してしまったケースです。

 

失業保険の給付を受けていていたけれど、働き口が見つからずに給付が終わり、
生活費を捻出するために借金をせざるを得ない状態になりました。

 

収入源が断たれている状態が続くので、生活費を捻出するためにさらに借金を重ねてしまい、多重債務になってしまいます。

 

二つ目は、友人の連帯保証人になってしまったケースです。

 

事業に失敗して夜逃げした友人の代わりに借金を返済しないといけなくなったわけです

 

突如借金を返済しないといけない状況になり、慌ててお金をかき集めるも、足りません。
そこで借金によってお金を捻出したわけですが、結局多重債務に陥ってしまいます。

 

改正貸金業法の改正のポイント

多重債務者が増加していることから、2010年6月に改正貸金業法が改正になりました。

 

特に大きなインパクトを与えたのが、総量規制と上限金利の引き下げです。
この2つによって安易に借り入れをすることができにくくなっています。

 

総量規制というのは、年収の1/3歯科借入をすることが出来なくなります。

 

それに、50万円を超えて借り入れをする場合には、年収証明書を提示する必要があります。
上限金利の引き下げというのは、上限金利が29.2%から借入金額に応じて15%から20%にまで引き下げられることです。

多重債務を解決する方法のまとめ

多重債務に苦しんでいる人は自力で解決することが難しいので、脱出するために法律の力を借りる必要があります。

 

今回は多重債務から脱出した人が、どのような方法を採ったのかについて紹介していきます。

 

裁判所を使わない任意整理

任意整理は裁判所を利用することなく、弁護士や司法書士などの専門家に依頼して債務整理を行います。

 

具体的には専門家が仲介をすることにより、金融業者に対して
利息カットや無理のない金額に減額して返済できる
ようにします。

 

金利が高い金融業者を利用していた場合には、過払い請求をすることができますので、
払いすぎた分の利息が戻ってくることがあります。

 

任意整理をしたとしても借金が完全になくなるわけではありませんので、安定した収入があることが条件となります。

 

裁判所に調停の申し立てをする特定調停

特定調停というのは簡易裁判所に申し立てをして、調停委員の斡旋によって債務整理を行います。

 

調停の仕方というのは調停委員が債権者と債務者双方と話し合い、
うまい具合に妥協点を探ることによって返済方法を決めます。

 

双方が合意すれば、裁判所が主体となって債務整理案を作成し、債務者はそれに基づいて返済していきます。

 

こちらの場合も、安定した収入があることが利用する条件となります。

 

資産を処分されずに借金を大きく減額することができる個人再生

個人再生というのは、再生計画案を提出し債権者に認められれば、
裁判所の監督下で減額された借金を支払うだけで返済義務が終了するものです。

 

何よりも住宅などの財産を残したまま、大幅に減額された借金を3年間で分割して返済できるというのはありがたいことです。

 

ただし、住宅ローンについては借金の減額が認められない点には注意です。
減額幅というのは最大で80%まで可能ですので、この場合であれば20%だけを支払えばいいことになります。

 

最終手段に当たる自己破産

自己破産という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

地方裁判所に自己破産申し立てを行い、免責の決定を受けることができれば債務が全て免除されます。

 

自己破産をする場合には、当然ながら必要最低限の生活用品を除いて、
家や車などのすべての財産は強制的に処分され、お金に換算した上で債権者に平等に分けられます。

 

自己破産をすると5年から7年間は新たな借金をすることができませんし、
クレジットカードの利用及び発行をすることはできません。

 

また、ある特定の職業についても制限がかかるので、どんな仕事にも就けるわけではないので注意が必要です。

弁護士や司法書士など法律事務所を頼る

自分の収入と借入額、そして返済額のバランスが取れているうちは
借金をしても自分の収入から返済ができているので問題はありません。

 

ですが、返済のお金を作るために複数の業者から借りることにより借金額が増えてしまい、
ついに自分の収入で返済ができなくなります。

 

そうなった時には、自分の力だけではどうしようもならないのではないでしょうか。

 

まずは無料相談をする

借金の返済がうまくいかないのであれば、一人で悩まず誰かに相談したほうがいいでしょう。

 

相談しなければ、その分だけ多重債務から脱出する事が遅れてしまいます。
今のご自身の状況に危機を感じるのであれば、他人を頼っても良いと思います。

 

いざ相談しようとすると、誰に相談すればいいのかわからない、そんな時は
多重債務の解決を図ることができる弁護士や司法書士などの法律家に委ねるのが得策です。

 

法律家に相談となると、費用がどれだけかかるのかわからないだけに、不安だと感じる人も少なくありません。

 

いきなり法律家による相談に抵抗があるのであれば、
自治体が行っている法律家による無料相談の場を利用するのも良いでしょう。

 

他にも法テラスまたは消費生活センターのような、非営利団体に電話で相談してみてはいかがでしょうか。

 

一度相談してみることによって、何をしないといけないのかという知識が身につきますので、
実際に法律家に相談する時にも役に立ちます。

 

多重債務を解決するために法律の手続きを行う

無料相談をするというのは、あくまで多重債務から脱出するための第一歩となります。

 

無料相談の場合、多重債務が解決することは少ないので、多くの場合は法律家に依頼して法的な手続きを取ることになります。
法律を利用して借金の解決を図るわけです。

 

その手段としては自己破産のほかに任意整理、特定調停、個人再生といったものがありますので、
相談の結果どれかの手続きを行います。

 

どの方法を採ったとしてもメリットとデメリットの両方がありますので、法律家とよく相談をしてから決めていきます。
実際に手続きを行うとなると無償で行うわけにはいかないので、それなりの費用が掛かってきます。

 

多重債務者に陥ると、こうした弁護士費用を支払うのが厳しいという人ももちろんいらっしゃいます。

 

そんな方のために分割支払いで対応してくれるところは多いですし、費用を立て替えてくれる法律扶助という制度もあります。
こういった制度を利用することにより、お金が無いから法律家に依頼できないということはなくなります。

↓ 借金のお悩み解決なら、街角法律相談所へ ↓


街角法律相談所


公式サイトはこちら