青森で債務整理して、借金トラブルを解決

青森まで新幹線が伸びるようになり、今、青森はにわかに活気だっています。

 

もっとも、震災の影響もまだ残っており、
経済全体が復興するまでにはまだ時間がかかります。

 

かつて、青森では高校を卒業したら都会に働きに出るのが基本でした。

 

今もその傾向は続いていますが、
青森新幹線の開通もあり、少しずつ地元に残る若者も増えてきています。

 

もっとも、若者の就職先がまだまだ少ないうえ、賃金もそう高くはありません。

 

そうした環境で働きながらも、インターネットで気軽になんでも買える時代になりました。

 

また、近くに貸金業者や金融機関の店舗がなくても、
インターネットで借入れの申し込みから借り入れまでできる環境が整っています。

 

こうした環境で、若者を中心に返済が難しくなったり、
借金返済のため生活費に困る人が少しずつ増えているのです。

 

こうした状況になったら、ただ悩んでいても道は開きません。

 

働き先も少なく、もともと物価も安い青森の地では、
収入を増やす努力や生活費の節約ではおのずと限界があります。

 

複数のカードローン減額を図るには、債務整理方法として任意整理が向いています

 

ぜひとも、法律や金融の知識に長け、
借金トラブルを解決に導いてくれる専門家に相談しましょう。

 

そんな専門家が青森の田舎にいるのと考える方もいるかもしれません。

 

ですが、一般サラリーマンと異なり、こうした専門資格を持った方は資格を生かして
働けるので、同業者が多い都心ではなく、地元で開業する人が多いのです。

 

青森新幹線の開通により、若手の専門家も増えていますから、
適切な債務整理方法を知るためにも相談してみてください。

全国の債務整理相談所の総合比較サイト

街角法律相談所   無料借金減額シミュレーターであなたに最適な相談所を全国から探します。
青森で多重債務を抱え、借金の返済に困難になったら、借金問題解決の専門家に相談するのが借金地獄から脱出するための早道です。もっとも、青森のどこにいけば債務整理に詳しい専門家がいるのかわからないという方もいるかもしれません。街角法律相談所の無料借金減額シミュレーターを利用すれば、簡単な質問に答えるだけで、あなたにぴったりの専門家を探し出すことが可能です。誰に相談したらいいかわからない方、債務整理をしたいと思ったら、まずアクセスしましょう。

 

公式サイトはこちら

債務整理はどのような仕組みなのか

全国には多額の借金を抱えている人は増えています。

 

そういった、借金問題で悩んでいる人達の役に立つ為に、
青森県でもたくさんの弁護士事務所や司法書士事務所があります。

 

しかし、事務所があることを知っていても、青森県民の中には債務整理という方法を
詳しく知っている人はあまり多くはないのでしょうか。

 

債務整理とは

借金問題で悩んでいる人の中には、1度は耳にしたことがある言葉かもしれません。

 

簡単に言うと、借金を返す為にはどうしたら1番いい方法か、借金を計算し直して整理することです。
この方法を知っていると知らないとでは全然違います。

 

知らない人は逆に損をしてしまう可能性が高いかもしれません。

 

そうならない為にも、弁護士や司法書士が在籍している債務整理事務所に
相談だけでもしてみることが大切なのです。

 

債務整理の仕組みとは

債務整理の中には、任意整理や民事再生、自己破産などいくつかの返済方法があります。
これらは、借金で困っている人を少しでも助ける方法です。

 

借金を抱えている人の中には、夢のマイホームを買うことが出来たのに、
簡単に手放したくない人なども相談に訪れています。

 

なので、弁護士または司法書士が依頼者の残りの借金や今の家庭状況などを聞き、
それによって良い方法を検討していくのです。

 

任意整理とは、依頼者の任意で返済の整理をしていきます。

 

この方法は、裁判所などが関与することがないので、その分の費用は必要ないのです。

 

民事再生とは、住宅ローンがまだ残っているけどマイホームを手放さずに生活したい人や、
まだ自己破産をしたくない人向けの債務整理方法です。

 

住宅ローン以外の借金を減額することが出来ます。

 

自己破産とは、生活最低限の物だけを残すことができ、自己破産後に得たお金は使いたいように使えるのです。
また、価値のある財産は売ってお金に換えてもらい、受け取ることが出来ます。

 

債務者の収入や資産などから総合的に判断をし、判断によって支払い不能となるのです。
また、お金を払い過ぎている場合もあります。

 

最近CMなどでよく耳にする、過払い金というものが発生しているケースです。

 

これは、何も知らずに支払ってきた高い利息から、
利息制限法に基づいた利息を引き算して、差額を返してもらうことが出来るのです。

 

この場合も弁護士や司法書士の人達が調べてくれます。

 

もし、過払い金があった場合、支払ったお金が戻ってくる可能性があるのです。

 

そういう知識も知っておく必要があります。

 

弁護士または司法書士事務所によって、相談費用が無料の事務所や
債務整理の実績が高い事務所など、青森県内にはたくさんあります。

 

また、家族にバレたくない人や相談依頼から借金問題解決まで
スピーディーな対応をしてくれる事務所もあるので安心です。

 

借金問題を早期解決させる為にも、法律のプロと一緒に解決していくことが1番の近道なのです。

債務整理の個人再生で得られるメリットとは

個人再生で財産を維持する

個人再生は継続的な収入が見込めることを条件に、各申立人が再生計画を作成し、
債権者の同意を得ることで、債務の減額を認めてもらい、生活の立て直しを図る制度です。

 

手続きは裁判所を通じて行われます。

 

かつて、債務整理の手段としては自己破産が代表的なものでした。
自己破産は全債務の免除を受けられます。

 

しかし、これと引き換えに自宅や土地などの不動産や車、事業用資産など、
原則として20万円を超える価値がある財産は競売され、債権者の債務の返済に充てられてしまいます。

 

そのため、債務から免れても、生活の場を失ったり、
事業ができない状態になるため、利用を躊躇するケースも多くありました。

 

利用を躊躇することでさらに事態が悪化し、生活が立ち行かなくなるケースもあったことから、
財産を維持しながら債務整理ができる手続きとして個人再生が制度化されました。

 

個人再生では、債務の全額免除は受けられません。

 

最低限返済しなければならない金額が定められ、
その金額以上の返済をすることで、残りの債務は免除されるという制度です。

 

そのため、財産を競売にかけられることがないのがメリットです。

 

個別の交渉ではなく、裁判所を通じて一度にすべての債権者と
話し合うことができるので、手間もかかりません。

 

また、全債務ではなく住宅ローンを除外できる特則があります。

 

そのため、住宅ローンの債権者である銀行から抵当権を実行される心配もなく、
マイホームをはじめ車や事業資産などを維持しつつ、債務の整理ができるのです。

 

一般的には、利息の引き下げ等により、債権者の同意や裁判所の認定を経て、
提出した再生計画をもとに債務を減額してもらいます。

 

そして、減額された債務を3年間で分割返済することで、債務から解放されます。

 

現在の生活を維持しながら生活や事業を立て直す

このように個人再生では、全額の債務免除はなく、
債務は残るため、手続きをした以降、再生計画に従って返済しなければなりません。

 

そのため、事業を行っているとか、会社に勤めて給与を得ているなど、
継続的な収入を得ていることが利用条件となっています。

 

もっとも、普段通り働きながら手続きを行え、返済義務は残るものの、
生活基盤となる財産や事業に使う資産を失うことがない為、従前通り仕事をしていくことが可能です。

 

財産や収入を失うことなく、軽減された債務さえ返済できれば、
多重債務から解放されるため、生活の立て直しや事業の立て直しがしやすいのがメリットです。

債務整理の自己破産で得られるメリットとは

自己破産の誤解

自己破産というと、あまり良いイメージは持たれていません。

 

しかしその手続き自体に誤解が多く
その結果、良くないイメージを植え付けてしまっているのが現状です。

 

例えば、マイホームを追い出される、すべての財産が処分される、地元にいられなくなる、
会社をクビになる、選挙権がはく奪されるなど様々な噂があります。

 

こういった噂は間違っていない部分もありますが全てが正しいわけでもありません。

 

一つだけ言えることは、自己破産は債務者を守るための最終手段です。

 

なので、あくまでも救済目的として存在し、
債務者が不利になるような条件はない債務整理であるということです。

 

自由財産は残しておける

自己破産では、免責許可が下りることによって全ての借金が免除されます。

 

つまり、返済義務が一切なくなるということですが、
その代わりとして、財産が処分されるというリスクがあります。

 

ただ、実はすべての財産が処分されるわけではなく自由財産に関しては、残しておくことができるのです。

 

自由財産とは破産者が自由にできる財産という意味で、差押禁止財産とも言います。
自由財産には大別して、生活必需品、現金99万円まで、破産開始後に手に入れた財産があります。

 

生活必需品の項目は広いのですが、例えば家財道具、家電製品、
衣類、勉強・仕事に関する道具などがそれに該当します。

 

ただし、破産者の生活状況などが考慮されて判断されますので明確な基準はありません。

 

よって、自由財産の範囲が拡張されることもあります。

 

このように自己破産をしても最低限の生活は保証されるため、よって、
全てを失い生活をしていくことができないという状態になることはあり得ないでしょう。

 

家族への影響はない

自己破産はあくまでも破産者個人の手続きですので、
保証人になっていないのなら家族であっても影響は受けません。

 

そのため、家族という理由だけでは返済義務発生しませんし、家族の財産が奪われることもなく、
家族の誰かが行う今後の借入れ審査に響くこともないでしょう。

 

もちろん、配偶者がいる場合も配偶者個人の財産は処分されることがありません。

 

一般的には、結婚前に手に入れた財産は個人財産、
結婚後に手に入れた財産は名義に関わらず共有財産になるとされています。

 

その他のメリット

その他よく耳にする噂で、破産を理由に解雇する、離婚される、賃貸を追い出される、
選挙権がはく奪される、表彰が取り消されるといったこともありません。

 

また、やり方次第では周囲に隠して破産することも可能となっています。

 

借金を全額免除してもらえた上で、最低限とは言え十分な生活が保証される中、
生活の再スタートが切れるというのが自己破産のメリットです。

↓ 借金のお悩み解決なら、街角法律相談所へ ↓


街角法律相談所


公式サイトはこちら