雪だるま式に増えた借金を減らすことができました。

私はトラックの長距離ドライバーをしていますが、数年前に事故を起こしてしまいました。

 

自分のトラックを使って事をしていたのですが、
事故の影響でトラックは残念なことに廃車となってしまいました。

 

トラックはまだローンの支払いがかなり残っていたのですが、
残りのローン支払いについては保険でほとんどを賄うことができました。

 

しかし、仕事を再開するためには新しいトラックを購入する必要がありましたので、
また新しくローンを組んでトラックを購入したのです。

 

そのため出費がかさんでしまったのが借金のきっかけでした。

 

また、怪我をしてしまったため仕事をセーブしなければならなかったり、
事故を起こしたために保険料が高額になってしまったりといったこともありました。

 

収入が減った反面、支出が増え、その結果として生活が苦しくなりました。

 

そして、複数の消費者金融からさらに借金を重ねることになり、借金は雪だるま式に増えてしまったのです。
気付けば借金はあっという間に200万円を超え、このままではまずいということで債務整理を行うことを決意しました。

 

専門家の話を聞いたところ、自動車ローン以外の借金については
債務整理を行うことで半分以下に減らせる可能性があるということで手続きをお願いしました。

 

中には自己破産という事もあるのですが、自己破産の場合は
多重債務をしている人に有利で、私の場合だと任意整理が一番だと言われました。

 

その結果、返済額を大きく減らすことができて、今では消費者金融からの借金は完済できたので、
あとは自動車ローンを支払うだけとなりました。

 

今から考えてみれば、あれこれ考えずに早く相談に行っていればと思います。
ネットにも債務整理の詳しい情報はたくさんあるので、検索してみると良いでしょう。

街角法律相談所の無料借金減額シミュレーター

借金の返済に困ってしまった人にとって、
債務整理は借金地獄から抜け出すことのできる有効な手段です。

 

債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」「特定調停」の、
4つの手段があります。

 

自分の現在置かれている状況を改善するために最適な方法を選ぶためにも、
債務整理は専門家の指導のもとで行うのがもっとも効果的です。

 

というのも、それぞれの債務整理の方法には、
異なったメリット・デメリットがあるからです。

 

たとえば、任意整理は裁判所を介することなく債務者が債権者と特設交渉することで
借金の減額や金利の引き直しなどを行うことができます。

 

しかし、減額できる借金の金額はあまり多くありません。

 

一方、個人再生や自己破産では裁判所の決定をもって借金の減額を行いますので、
多額の借金の減額ができて返済が楽になります。

 

ただ手続きなどが煩雑ですし、債務整理をしたことが官報に記載されてしまうというデメリットもあります。
こういったメリット・デメリットは素人ではなかなか理解し難い難しい部分です。

 

では実際に債務整理を依頼するときにはどこに相談に行けばよいのでしょうか。

 

はじめて法律事務所を利用する場合には、どの事務所が信頼できるのかといったことは判断をしにくいところです。

 

そこで役立つのが、街角法律相談所の無料借金減額シミュレーターです。

 

このサイトでは相談シミュレーターというものがあり、
借金の状況の情報を入力するだけで最適な相談先を紹介してくれるというものです。

 

ひと口に法律事務所といっても債務整理を得意にしているところとそうでないところがあるため、
債務整理の実績のある事務所を紹介してもらえるのは非常に便利です。

 

公式サイトはこちら

ショッピングで200万円の借金

現在では1人で複数枚のクレジットカードを所有することも珍しくありません。

 

クレジットカードは便利なもので、現金がなくてもショッピングができますし、
生活費が不足した時などにはキャッシングで簡単にお金を借りることも可能です。

 

しかし、便利であるがゆえについつい使いすぎてしまって、
気が付くと大きな借金をつくってしまったという人も沢山います。

 

借りたお金は返済しなければなりません

クレジットカードは利用限度額の範囲であれば、カード1枚でATMからどんどんお金を借りることができてしまいます。

 

そのため、本来ならばお金が貯まるまで購入を我慢するような高級なブランド品や
大型家電なども簡単に購入することができてしまいます。

 

しかし、お金を借りれば返済しなければならないわけで、キャッシングで借りたお金は
その後数ヶ月から数年をかけて少しずつ返済していくことになります。

 

リボ払いには要注意

クレジットカードのキャッシングを安易に利用してしまう理由の一つに、リボ払いでの返済があります。

 

リボ払いは予め毎月の返済額を決めておいて、借入残高の増減にかかわらず返済額が一定になるという返済方式です。
そのため、沢山お金を借りても返済額が低いまま一定のため、ついついお金を借りてしまう人が多いのです。

 

しかし、沢山お金を借りても返済額が一定ということは
返済期間が長期化するということであり、当然ながら利息も多く発生します。

 

その結果、毎月利息分しか返済できずに借入残高だけが増えていって、最終的には返済ができなくなってしまうのです。

 

長期間返済を続けている人は過払い金請求が有効

もし、長期間にわたってクレジットカードのキャッシングの返済を続けている場合には、
弁護士などの専門家に相談して、過払い利息請求を行うのが効果的です。

 

現在は貸金業法が改正されたことで利息制限法を上回る利率での貸し付けは禁止されていますが、
以前は利息制限法を上回るグレーゾーン金利での貸し付けが一般的でした。

 

200万円をグレーゾーン金利の29%で借りていた場合、それを貸金業法の上限金利である18%に引き直すことで、
払いすぎていた利息を回収することができます。

 

これによって単純計算で1年間22万円の利息が返還されるため、
10年間返済を続けていた人は、利息の返済分だけで借金が相殺されてしまいます。

 

つまり、借金がゼロになるというわけです。

 

過払い請求をすることでブラックリストに登録されてしまうこともありますが、
借金が完済できるなら大きな問題では無いでしょう。

ギャンブルで250万円の借金

借金が増えてしまう理由の1つにギャンブルがあります。

 

競馬やパチンコで勝ち続けたために、ギャンブルにのめり込んでしまい、
そのままギャンブルを続けた結果、大きな借金を作ってしまったという人は意外に多いものです。

 

ギャンブルの資金のために消費者金融から借金

ギャンブルで借金をつくってしまう人のほとんどは、
その資金を消費者金融のキャッシングなどで借りるところから始まります。

 

「少しくらいお金を借りても、ギャンブルで勝てばすぐに返すことができるだろう」という
安易な考えからお金を借りてしまう人は多いものです。

 

消費者金融からお金を借りるときには、借金の使い道について聞かれることがありませんから、
たとえギャンブルに使うお金であっても借りることができます。

 

そして、借りたお金をパチンコや馬券に使うわけですが、もちろんギャンブルに勝ち続けられる人は一握りですので、
負けが込んで手持ちのお金を使い果たしてしまいます。

 

すると、また消費者金融からお金を借りてギャンブルをして負けるという悪循環に陥ってしまって、
雪だるま式に借金を増やしてしまうのです。

 

返済のために借金を繰り返して破産へ

最初は利用限度額内の借金でどうにか収まっていたものの、そのうち借金を返すために大金を借り始めたり、
ヤミ金に手を出してしまったりする人が多く見られます。

 

ついに借金が250万円にもなってしまうと、どこからも
お金を借りられなくなってしまい、返済にも困るようになってしまいます。

 

こういった場合には、弁護士や司法書士などの専門家に相談して、債務整理を行うのが一番です。

 

ギャンブルを理由とする債務整理はできないと考えている人も多いようですが、実際にはそうではありません。
確かに他の理由と比べると難しいのですが、可能性が全くないというわけではありません。

 

債務整理の実績のある弁護士や司法書士ならば、たとえ
ギャンブルが理由の債務整理であっても認めてもらえることがあります。

 

自己破産が上手く行ったら

自己破産の手続きは3ヶ月程度で、裁判所に何度か通う必要はありますが、
手続きのほとんどは専門家に任せることができます。

 

費用は50万程度が相場となっています。

 

ちなみに、費用は着手金と成功報酬合わせて40万円くらいかかります。
自己破産は自分で行うことも可能ですが、裁判所へ提出する書類の作成や手続きなどを考えると、現実的ではありません。

 

250万円の借金がある人でも、自己破産手続きの申請を行って
認められることで、すべての借金を帳消しにすることができます。

 

つまり、借金はゼロとなるわけです。これによって一から新たに人生をやり直すことができるのです。

起業で300万円の借金

現在サラリーマンで働いている人の中には、独立して自分の会社をつくろうと考えている人もいるでしょう。

 

起業する為にはまとまったお金が必要となりますから、銀行や消費者金融からお金を借りることになります。
しかし、しっかりとした返済計画を立てておかないと、後々返済に困ることもあります。

 

300万円借りたら毎月10万円の返済が必要

起業のためには多くのお金が必要になります。

 

新しい職場となる事務所を借りる必要がありますし、仕事に必要となる自動車やパソコン、
その他の備品なども購入したりレンタルしたりすることになります。

 

これらの出費に加えて一緒に働いてくれるアルバイトやパートの職員を、何名か雇うことも必要になります。

 

起業のために300万円を借りた場合、返済期間にもよりますが、毎月の返済額は10万円近くになります。
ですから、毎月しっかりと利益を出していかないと、返済に行き詰まってしまうことになります。

 

もしも返済に困ってしまったら

仕事が順調に増えていけば良いですが、新しい顧客を獲得することができずに
売上が伸び悩んでしまうと、毎月の借金の返済が重くのしかかってくることになります。

 

最初のうちは蓄えを取り崩してやりくりすることも可能ですが、
それではいつかは資金が底をついてしまうことになります。

 

生活費の足しにと消費者金融から新たにお金を借りようと思っても、
現在は総量規制のためにこれ以上の融資が受けられないということもあります。

 

専門家に相談を

もしも返済に困ったら、早めに法律の専門家に相談をすることが大切です。

 

すでに切羽詰まった状態となってしまってからでは、執るべき対処法も少なくなってしまいます。
そうなる前に相談して、より良い対処法を選択することがとても重要になります。

 

住宅ローンを支払い中であれば民事再生がオススメ

 

たとえば、すでに事務所である物件を購入していて
ローンを支払っている状態であれば、民事再生が最適です。

 

民事再生とは裁判所の決定をもって借金を減額してもらう手続きのことで、
一般的には借金を現在の5分の1、あるいは100万円の多い方まで減額することができます。

 

300万円の借金がある場合には100万円まで借金を減らすことが可能です。

 

しかも、債務を整理しても住宅ローンについては対象外となるため、店舗を失うことはありません。

 

借金を100万円までに減らすことができれば、毎月の返済額は3万円程度まで抑えることができるので、
これまでの収入でも十分に返済ができるようになります。

 

また、資金的な余裕が生まれれば新しい事業活動を展開することもできるので、事業の発展にも有効でしょう。

↓ 借金のお悩み解決なら、街角法律相談所へ ↓


街角法律相談所


公式サイトはこちら