専門家である司法書士に相談するのが得策です。

借金をする際は、誰しもきちんと返そうと思っていますよね。

 

借りすぎには気を付けようと考えますし、その時点の収入等から返せると計画を立てて借りるはずです。でも、人生にはアクシデントやトラブルがつきものです。

 

どうしても必要なモノや事柄が生じて、予想以上に借りてしまったり、
仕事を辞める事態になってしまったり、病気等で働けなくなることもあるかもしれません。

 

借りたものは返すのが原則であっても、どうしてもそれが難しくなった場合、自分はダメだと悩んだり、
どうしようもないと無鉄砲な行動をとったりしないで、まずは誰かに相談することが大切です。

 

借金というのはあまり人に知られたくない事柄であるため、家族や知人には相談しづらいケースが多いことでしょう。

 

私としてはこうした身近な人にはむしろ相談しないほうがいいと思ったので、ずいぶんと一人で悩んでいました。
叱責されたり、縁を切られたり、よそよそしくされたうえ、肝心のお金の融通にもつながらないからです。

 

返済の目的が達せられないうえ、家族関係が悪くなり、友情も失う二重の悲劇になってしまいます。

 

身近な人に借金問題を知られることなく、スムーズに解決するには、やはり専門家である司法書士に相談するのが得策です。
任意整理を行えば、司法書士が直接債権者と交渉してくれ、利息の引き下げによる借金の減額が可能となります。

 

相談は無料のケースが多く、任意整理の費用は解決により、
払わずにすむことになった借金の額に比べれば、微々たるものです。

全国の債務整理相談所の総合比較サイト

借金を返済できないなら、債務整理も考えてみましょう。

 

借金をラクラク返済できていれば、返済のたびに悩まないでしょう。
悩むということは、かなり行き詰まっているはずなのです。

 

お金が足りない状況に陥ったために借金をすることになったという方が多いでしょうから、返済が楽ではないのは当然のことかもしれません。

 

借金の悩みは、放置しておくほど大きくなります。
借金返済が苦しいと感じた時点で、弁護士や司法書士に相談するべきでしょう。

 

相談を躊躇している方は、相談しても何も変わらないと言われることが多いですが、実際に相談すると180度意見を変わるものです。

 

なんでもっと早く相談しなかったんだろう、と口を揃えておっしゃいます。

 

専門家に早く相談したほうがいい理由はほかにもあります。

 

高額な過払い金が発生している可能性があり、その場合は取り戻す権利があるからです。
法的に無効な高金利を支払ってきたのですから、なんとしても取り戻さないといけません。

 

債務整理をするつもりで弁護士に相談したのに、過払い金だけで解決できると言われておどろかれる方もいます。

 

過払い金は他人事と言われる方ほど、実際には高額の過払い金が発生しているケースが多いのです。
過払い金の発生状況については、自分では判断が難しいものです。

 

借金のことでお悩みであれば、思い切って専門家に相談するべきです。

 

街角法律相談所の無料借金減額シミュレーターで法律家を探して、相談してみるといいでしょう。

 

公式サイトはこちら

返済に関しての気を付ける点を知る

ご利用は計画的に

借金をうまく返済できるかどうかは、借りる時点で8割が決まってしまうと言われています。

 

確実に返済できる範囲で借りているならば、返せなくなることはまずありません。
現在、すでに融資を受けていて返済できなくて困っている方は追加融資を受けないようにしましょう。

 

あと10万円借りられるから、そのお金を返済に回そうという方法は一時しのぎにしかなりません。

 

返済するお金を借りて調達する時点で、すでに借金返済は行き詰まっています。
借金というのは、借りて返済しても決して減ることはありません。

 

A社の借金を返済するためにB社から借りた場合、A社の返済は完了しますが、
B社で新たに借金をつくることになるため、まったく意味がないのです。

 

さらにB社で借りた金額にも利息がつきますので、その時点では
一時的に返済が可能となっても、長期的に見ると借金を増やしていることになります。

 

借金返済のために、契約中または新規の会社から融資を受けてはいけません。
融資を受けないと返済できない状態なら、すでに自力完済は無理だと諦めて弁護士に相談しましょう。

 

困ったときは法律のプロに相談するのが一番です。

 

プロに相談することで、必ず今よりも状況はよくなるため、手間・時間をかけてもいいので相談するべきでしょう。

 

債務整理はどのタイミングで考えるべき?

永久に完済できない、完済まで数十年もかかる、収入が減って返済できなくなった、

 

借金を返済するために新たな借金をしているといった状態にあるならば、すぐに債務整理をするべきです。
債務整理をする流れは簡単で、まずは弁護士に借金相談をします。

 

相談は有料・無料にわかれますが、借金問題に関しては無料対応しているところが多いです。

 

相談では、借金をどのように解決していくのか弁護士と話し合います。
借金相談をする方の多くは、すでに手持ちのお金がほとんどないことも少なくありません。

 

弁護士費用を支払えないという理由で、相談を躊躇している方は多いのです。

 

相談では報酬の支払い方法についても話し合いをして、
月に1万円ずつ分割で支払うなど弁護士側も融通を利かせてくれることがあります。

 

債務整理をすることで借金が減り、月の負担は大幅に少なくなるため、
借金と弁護士報酬を並行して支払っていく方法が一般的です。

 

過払い金が発生している場合は、借金が帳消しになることも多いので、
過払い金の有無を確かめるためにも相談をおすすめします。

 

過払い金がある場合、相談が遅れるほど取り戻せる可能性は低くなってしまうのです。

借金を返済する手段を決める

自力で返済するか債務整理をするか

借金を整理する手段というのは、自力返済と債務整理しかありません。
本来は自力返済をしていくのが好ましいことです。

 

借りたお金をしっかりと返済することで信用が生まれ、信用度に比例して融資額アップ、
低金利といった恩恵を受けることができます。

 

自力返済で注意したいポイントは、遅延を繰り返さないことです。
うっかり遅延というケースは意外と少なく、遅延する方の多くは返済に行き詰まっています。

 

数ヶ月という長期遅延になると、元の返済サイクルに戻すのは容易ではありません。

 

返済できなくて遅延状態になった場合は、いちど落ち着いて返済計画を立て直してみることです。
このまま借金を最後まで返済できるでしょうか?

 

もし無理だと判断したら、早めに債務整理を検討したほうがいいでしょう。

 

借金というのは、放置しておいて減額することは絶対にないからです。
放置しておくほど利息が膨らんで、ますます返済は厳しくなります。

 

債務整理も考えているけど、タイミングがわからないという方は完済できないとわかった時点で弁護士に相談しましょう。

 

債務整理は国が承認した借金整理法であり、決して悪いことではありません。
遅延を繰り返しているほうが悪いことなのです。

 

業者に相談して解決することも

貸金業者から100万円の借金をしていて、月々4万円ずつ返済しているとします。

 

返済はスムーズに行っていましたが、会社の運営悪化によって収入が激減して、月4万円の返済が厳しくなった場合、
業者に交渉すれば月の負担額を減らしてくれる場合があります。

 

月の返済額を1万円減らして3万円にすれば、返済を続けられるかもしれません。

 

この場合、月の負担額が減るかわりに、返済期間は延びることになります。そして何より、業者が納得してくれなければダメです。
事情を話すことで返済計画の見直しをしてくれる業者はありますが、条件を聞き入れてくれない業者も多いです。

 

今までどおりの返済方法を求めてこられて、それに対応できない場合は、債務整理をするしかないでしょう。

 

弁護士に相談すれば、今より状況が悪くなることはありません。
必ず何らかの解決策を見いだせるため、まずは相談してみましょう。

 

借金の解決法というのは意外と多く、自己破産以外にも個人再生、任意整理といった方法もあります。

 

どの方法が最適なのか、弁護士と相談して決めていきましょう。

 

弁護士が提案してくれた方法が、自分にとって最適とは限りません。
最終的には依頼者である自分の意思で方法を決めることになります。

借金を返済できない理由を考える

借金を返済できない理由は意外とシンプル

借金を返済できない理由は非常にシンプルであり、
借りすぎや給与の収入が減ってしまった事がもっとも多い理由だと言われています。

 

返済できなくなったという事は、収入を上回る金額の借金をしてしまったということです。
30万円までしか返済できない方が50万円借りると、その時点で返済能力を超えてしまいます。

 

ローンを減らそうと頑張っても、借入額が大きくなるほど利息も膨らむので、元金を減らすこと自体が困難となります。

 

ローンというのは、元金と利息の両方の支払いをしていかなければなりません。
利息分を支払っても、永久に完済はできないのです。

 

借りすぎている方は、追加融資をしている人が多く、多重債務に陥っていることが考えられます。

 

借金でできた債務を、他の業者から借りたお金でまかない始めると、
自転車操業になってしまい結果として自分の力だけでは借金を返済できなくなります。

 

そのうえで、借入先が多い場合は1社にまとめる工夫をしましょう。

 

一つにまとめるという事は、返済する日も一つになるという事なので返し忘れる心配がないのです。
遅延を繰り返すほど信用を落とすので、将来再びローンを組むときに不利となるでしょう。

 

返済できない理由には給与が減ってしまったことも挙げられます。

 

これに関しては予測が難しいため、仕方のないことだと言えます。
借金完済の目処が立たないようであれば、債務整理を検討してはいかがでしょうか。

 

ギャンブルなどがやめられない

借金が返済できないということは、新たに借入をしているという事だけではなく、
それ以外の支出が多くなっている事が考えられます。

 

ギャンブルがその一つでしょう。

 

働いたお金のほとんどを返済に充てずに、競馬やパチンコに使っていれば返済をすることは困難です。
そして、一番やっかいなのがギャンブルに一端ハマってしまうとなかなか抜け出すことが出来ないという事です。

 

次こそは絶対に大穴を当てる、パチンコで取り戻すと考えている人は少なくありません。

 

ですが、現実的な解決方法ではないため、本気で借金を返済したいと考えている人は、
法律のプロである司法書士や弁護士に相談を持ちかけることが大切です。

 

このまま借金を繰り返してしまうと、自己破産という選択肢しか残らないので、今ある財産がすべてなくなってしまいます。

 

こうならない為にも、今から出来る対策や、解決方法を見つけることが大切なのです。

↓ 借金のお悩み解決なら、街角法律相談所へ ↓


街角法律相談所

公式サイトはこちら