任意整理をしたところ、借金の利息が大幅に減額されました。

一般の人が個人的にする借金にもいろいろと種類があります。
カードローンや自動車ローン、住宅ローン等です。

 

また、クレジットカードによるショッピングの利用も当然借金の一部となります。

 

誰しも当初はそれぞれの計画を持ってして、返済のめどがあるからこそ借り入れを実行するのでしょうし、貸す側も当然、回収が可能であると判断したからこそ融資を実行します。

 

しかし、借り入れをした当初とはその人の置かれる状況が変化して、
返済が困難になることは多分に想定されることです。

 

私自身もかつて、語学を学ぶための学校は海外留学、または資格を取得するなど、
自己研鑚のための資金として、いくつかのローン業者から借り入れをしていました。

 

当時はとある民間企業での正職員としての仕事もあり、人並みに安定した収入もあったので、
借金返済が困難になるとは微塵にも思っていませんでした。

 

ある日、勤め先が業績不振で事業を縮小することになり、退職まではいたらなかったのですが、
大幅に収入が減ることになり、返済計画のめどが立たなくなりました。

 

路頭に迷った私が駆け込んだのが、債務整理を得意とする法律事務所です。

 

そこの弁護士の方はそうした事案をいくつも対応している専門家で、
私の場合には任意整理による債務整理が可能ということでした。

 

実際に、その弁護士の方に任意整理を依頼したところ、返済額のうち利息部分が大幅に減額され、
また、私の現状の収入に見合った返済が可能となりました。

全国の債務整理相談所の総合比較サイト

借金に追われる生活を終わらせ、
借金の返済計画を立て直す方法として、債務整理があります。

 

債務整理は任意整理、個人再生、自己破産などの手続きがありますが、どの手続きを取るのがベストかは借金の返済状況や安定した収入が得られているかなどによって変わってきます。

 

また、任意整理を行うためには金融機関に申し立てる必要がありますが、
金融機関が債務者本人のこういった申し出を聞く可能性はまずありません。

 

一方、個人再生にしても自己破産にしても、必要書類をそろえて裁判所に申立書を提出したり、金融機関に書類を送ったりと、素人ではわからない手続きが数多くあります。

 

このように、一口に債務整理と言ってもどの方法を採るか、またどのように手続きするかなどは複雑になっています。

 

また、債務整理の中で今まで高すぎる利息を支払っていたことが分かれば、
過払い金返還請求によって払い過ぎた借金が戻ってくることもあります。

 

適切に効果的な債務整理を行うためにも、借金問題に長けた法律の専門家を探すべきでしょう。
しかし、このような相談先が見つけられない場合もあります。

 

そんなときは街角法律相談所の無料借金減額シミュレーターを利用してみませんか。

 

住所や借金の状況をネットで入力するだけで、あなたに合った事務所や法律相談所を探すことができます。
また、細かなQ&Aが充実している所もポイントです。

 

債務整理のパートナーとなる弁護士や司法書士を探して、借金苦から脱出しましょう。

 

公式サイトはこちら

1日も早く債務整理をすることを勧めます

借金苦から脱出するために債務整理をする

借金苦を自覚される頃には、自力返済は極めて難しくなっているはずです。

 

シミュレーションは毎月行うべきですが、返済に追われているときほど臆病になってしまうものです。
しかし、シミュレーションをせずに返済を続けていると、債務超過に気づくのが困難となります。

 

自力返済が可能なのか、また債務整理の必要性があるのかを
判断するためにも、必ずシミュレーションを行ってください。

 

債務超過だと気づくことがなければ、債務整理を考えることもないでしょう。

 

自力返済が不可能だと気づいたら、1日も早く債務整理をする必要があります。
様々な方法があって迷うでしょうが、弁護士と相談して決めていくので自分で決める必要はありません。

 

相談には無料相談・有料相談の2つがありますが、
どちらも内容に大きな違いはありませんので、無料相談を選んでもいいでしょう。

 

借金相談に関しては、無料の弁護士事務所が多くなっています。
相談では、借金をどうするかについて話し合っていきます。

 

弁護士に相談する時点で既に債務整理以外では処理できないため、
選択肢としては自己破産、個人再生、任意整理の3つになります。

 

債務整理を成功させる秘訣とは

債務整理には特別な秘訣・テクニックなどはまったく必要がありません。

 

弁護士報酬さえ支払えば、書類作成・提出などの面倒な作業も代行してくれます。
これらをすべて自分で行おうとすると時間がかかります。

 

何よりも、債権者が簡単に納得してくれることはなく、債務整理を必死で阻止しようとしてくるはずです。

 

債務整理は簡単だと言われる方もいますが、これは法律家に依頼するから簡単なのです。
相談する弁護士は、信頼できる事務所から選ぶべきでしょう。

 

弁護士はオールマイティだと思われていますが、得意・苦手は明確にわかれますので、
借金専属の弁護士に依頼するべきでしょう。

 

弁護士なら皆同じ結果を出せるわけではなく、例えば過払い金が
発生している場合は、取り戻せる金額に違いが出てくるのです。

 

有能な弁護士ならば全額取り戻すことも可能ですが、
借金問題が苦手な弁護士だと2割しか取り戻せないということもあります。

 

債務整理の方法については、負担とならない方法を選ぶべきです。

 

返済計画に無理があると再び返済ができなくなって、2度目の債務整理をする必要性も出てくるからです。
ですので、借金総額だけでなく自分の収入も考慮して方法を決めないといけません。

借金苦から脱出するには債務整理

借金苦から脱出するには何が必要?

借金苦から開放される一番てっとり早い方法は、債務整理を行うことです。
合法的に借金を整理する方法であり、確実に借金を減らすことができます。

 

借金がゼロとなる自己破産、減額できる個人再生・任意整理などの方法があります。

 

弁護士報酬は必要になりますが、報酬以上の借金減額ができるため、トータルするとプラスになるのです。
しかし、安易に債務整理という方法もおすすめできません。

 

種類によってはブラックリストに登録され、5年間はお金を借りることができなくなります。

 

マイホーム計画、教育資金の借り入れなど、将来的にお金を借りる予定がある場合、借入計画が狂うことになります。
返済の見通しがしっかりと立っている、確実に元金が減っているといった場合は債務整理の必要性はないと言えます。

 

債務整理が必要となる状況は、毎月の返済額を収入でカバーできない、
利息の支払いだけで精一杯、完済までに10年以上かかるといった場合です。

 

当然のことながら、借金をしている状況というのは、精神的にも好ましくありません。
経済的に逼迫すると、家族とのケンカの原因にもなるでしょう。

 

生活に支障が出るくらい追い詰められているとなれば、債務整理の必要性が高まります。

 

無駄をなくして返済額を増やそう

借金をしていて、毎月の利息が1万円も発生するという状況ならば、
月1万円ずつ返済しても永久に元金が減らず完済はできません。

 

借金返済において大切なのは、いかに返済額を減らしていくかです。
そのためには、収入を増やせれば一番いいのですが、不景気な現在では収入が減る可能性のほうが大きいでしょう。

 

そこで、現実的な方法として節約をおすすめします。

 

これ以上節約できないと言われる方は多いでしょうが、プロのファイナンシャルプランナーによると、
ほとんどの方は生活に無駄があると言います。

 

本人は無駄だと自覚していなくても、実は無駄になっていることがあるのです。

 

まずは一度家計簿をつけてみて、お金の使い方の傾向を確認してみましょう。
節約をして1万円捻出できれば、従来の返済額に1万円上乗せできるのです。

 

ただし、過度のストレスを感じるような無理な節約をしてはいけません。

 

本当に限界がきたとなれば、上記で説明をした債務整理をして借金を減らすことがおすすめです。
債務整理の種類によっては膨れ上がった利息を全て帳消しにしてくれるのです。

 

まずは信頼できる法律事務所に行って、相談をすることから始めましょう。

借金の正しい返済方法

返済ができなくなる前に

借金の返済ができなくなる人は総じて計画性がないという特徴があります。

 

はじめは計画性を持って借りているつもりでも予定していたボーナスが入らなかっただけで、
その計画は崩れてしまうほどもろいものなのです。

 

そうなると元のように返済していくのが困難になるでしょう。

 

こういった不測の事態に備えるためにも、お金を借りるときには正しい返済方法を学んでから借りる必要があります。

 

そのために活用されるのが返済シミュレーションです。
返済シミュレーションでは、債務者の収支のバランスから返済残高と返済期間を割り出し計画を立てる自動計算機です。

 

各社のホームページにあるので利用してみるといいでしょう。

 

初めての借り入れをする前に返済シミュレーションで返済計画を立てるのはもちろんのこと、
その計画が崩れてしまった時にも逐一返済シミュレーションを活用して役立てることが大切です。

 

各返済方法を理解する

借り入れの返済方法は一概ではありません。主には一括返済、分割返済、リボルビング返済があります。

 

一括返済は返済日に一括で返済する、分割返済は支払回数を決めて返済する、
リボルビング返済は毎月の支払金額を決めて返済するシステムです。

 

一度の返済負担は大きいですが、返済苦にならないためにお勧めされるのは一括返済です。

 

毎月の返済負担を減らしたいのなら分割返済、さらに負担を減らしたいのならリボルビング返済になるでしょう。
ただし何回かに分けて返すということは、その分の金利負担があるため返済総額は伸ばしますし、返済期間も延びます。

 

特にリボルビング返済を選択する場合は計画性が重要です。

 

また、ボーナスが入ったなど余裕がある月なら繰り上げ返済をすることもできます。
返済期日は決まっていますが、繰り上げ返済ならその返済期日前に返せる金額分だけを返せます。

 

これにより返済総額の負担軽減と返済期間の短縮が可能となります。

 

それでも返済できなくなった時には

気を付けていても遣り繰りがうまくいかなく返済苦に陥る方もいます。
そうなった場合の対策としては主に3つです。

 

まず一つ目が借り入れをしている債権者に相談に乗ってもらい返済計画を立て直す、
二つ目がおまとめローンを利用して借金を一本化する、三つ目が債務整理をするです。

 

どの手段を取るのがいいかは債務者の状況によるため一概ではありません。
各対策内容を理解し、自身に適した手段を選択するしかないでしょう。

↓ 借金のお悩み解決なら、街角法律相談所へ ↓


街角法律相談所


公式サイトはこちら