私は弁護士に相談して任意整理しました。

ネットショッピング症候群ってご存知でしょうか?

買い物依存症とも呼ばれますが、まさに私はこれで借金を作ってしまいました。

 

今でこそそういった傾向は収まっていますが、
現時点で同じように悩まれている女性も少なくはないと思います。

 

作ってしまった借金は返さなくてはなりません。でも、とても返済できる額ではなくなり、それで私は父親の知り合いである弁護士に相談して債務整理にて借金を減額してもらうことにしたのです。

 

それまでは債務整理という手段すら知りませんでしたが、これは法的に借金を整理できる方法で、
よく知られている自己破産も債務整理の一つだそうです。

 

私が取った債務整理は自己破産ではなく、任意整理という方法でした。

 

任意整理は弁護士が債務者に代わり、債権者に借金の減額交渉をしてくれるというものです。
あくまでも借金を減額して返済をしていくということが目的なので、自己破産のように財産を失うことがありません。

 

私の場合、失って困るような個人の財産は持ち合わせてはいませんでしたが、
任意整理のおかげで返済がだいぶ楽になったんです。

 

返済計画も練りなおされ、同時に買い物依存のケアもしつつ、弁護士先生の指導もあってなんとか完済の運びとなりました。
弁護士に依頼するというと敷居が高そうなイメージがありますが、債務整理で相談に来る方は決して少なくはないとのことです。

 

ただ、弁護士も一様ではないので、債務整理に強い先生を探した方がよさそうです。

全国の債務整理相談所の総合比較サイト

借金減額の方法には、個人再生と任意整理があります。
自分ですべて返済できるなら、債務整理などする必要はないでしょう。

 

毎月コツコツと返済していけば、借金は減額していきます。

 

しかし、借金には利息が発生するので、
返済した金額分の借金が減るわけではないのです。

 

実際には地道に返済していると思っていても、
実はほとんど借金が減っていないなんてケースは多いのです。

 

特にリボルビング返済の場合、借金がほとんど減らないという
状況になりやすいので注意してください。

 

月の返済額が少ないということは、返済に時間がかかるので利息も増え、元金が減りにくくなるのです。

 

貸金業者が利益を上げるためには、債務者に利息を払ってもらわなければならないのですが、
借金返済に悩むこともあるでしょう。

 

完済が難しいと思ったら、とりあえず法律家に相談してみて、今の経済力で完済できるかどうかシミュレーションしてみませんか?

 

債務整理をする気がなくとも、法律家に相談することで、それ以外の解決策が見つかるかもしれません。
プロのアドバイスを受けて、損をすることは絶対にないのです。

 

自分では問題なく返済できていると思っても、プロの目では返済不能と判断することもあります。

 

法律家に相談するなら、街角法律相談所の無料借金減額シミュレーターを利用してみるといいです。
借金相談・債務整理の依頼をするならば、相談しやすい事務所を選んだほうが絶対にいいのです。

 

借金返済が苦しいと考えている方は、相談してからその後の対策を考えましょう。

 

公式サイトはこちら

司法書士に依頼する

債務者本人では交渉は難しい

借金の返済に困った場合、最近では各金融機関や貸金業者において、
相談できる窓口やコールセンターが設けられ、相談に応じてくれます。

 

これは貸金業法の改正で貸し付けのルールが厳しくなったり、
多重債務者をいかに防止するかの取り組みが社会全体として重要になっているためです。

 

もっとも、債務者というのはお金の必要に迫られ、必ず返済するという約束でお金を貸してもらっています。

 

利息をつけて返済するといった内容が、申込時に取り交わした契約書にすべて記載されており、
債務者はその契約書に同意をしてお金を借りているのです。

 

約束しておきながら、やはり守れないので助けてほしいと交渉するのですから、
債務者は債権者に対して非常に立場が弱く、交渉力も期待できません。

 

そこで、その契約には直接登場しない第三者的な立場にあり、
かつ、債務者の代理人として交渉にあたってくれる、司法書士に任せるのが望ましいのです。

 

専門家による減額交渉のコツ

司法書士は法律問題のプロであり、民法や商法等に詳しく、借金問題の分野も得意としています。

 

法律知識や制度に関する知識を生かして交渉にあたってくれ、多数の交渉を手掛けることで積み重なった
豊富な経験を生かしたノウハウで、交渉を有利に成立させてくれます。

 

具体的には高金利の借金を、より低い金利に変更させたり、場合によっては金利ゼロにまで導いてくれることがあります。

 

実は毎月の返済で苦しんでいるのは、借りた金額そのものよりも、
そこに付される利息で返済額が膨らんでいることが少なくありません。

 

そのため、適用金利を下げることで、大幅なトータル返済額の減額につながり、毎月の返済額も軽減されるのです。

 

一般的には減額された債務を3年程度で支払うのが基本ですが、司法書士の交渉により5年に伸長されるほか、

 

失業や病気などにより働けない事情がある場合には一定期間の返済猶予などを交渉してくれることもあります。
この点、任意整理は債権者ごとに個別に交渉を行う必要があり、手間や労力も要します。

 

これを債務者が自分自身で行うとすれば、交渉に時間がかかるうえ、精神的にもかなり負担となります。

 

司法書士は交渉のプロですから、経験の蓄積で培ったスキルや独自のノウハウを駆使して、
債務者にとって有利な条件となるよう交渉してくれるので安心です。

 

司法書士に依頼する場合にはもちろん費用がかかりますが、任意整理の費用は比較的リーズナブルであり、
相談は無料のケースが多いので、まずは相談してみるべきです。

弁護士に依頼する

借金減額をするなら債務整理をする

借金というのは、何もしなくて減額できることはありません。
それどころか、借りた金額に利息をプラスして返済しないといけません。

 

返済できなくなり、貸金業者に利息をゼロにしてくださいと交渉しても通る話ではありません。

 

このような直接交渉では、借金を減額してくれる可能性はゼロと言っても良いでしょう。
借金を返済できない、だけど減額すれば返済できるという場合は、債務整理という方法があります。

 

減額できる方法としては、任意整理や特定調停、個人再生の3種類があります。

 

自己破産は借金を帳消しにする方法であり、減額を超えた効果があるものです。

 

ただし、持ち家を手放すなどのデメリットも大きいので、借金減額で対処できるならば、
それ以外の債務整理を選んだほうがいいでしょう。

 

意外なほどあっさり借金問題を解決できる

特定調停という方法は、弁護士に依頼するほかにも個人で行うことができる債務整理になります。

 

個人でする場合は弁護士費用がかからないのが利点ですが、面倒な手続きはすべて自分で行わないといけません。

 

また、過払い金が発生している場合でも、業者にきちんと説明をして
返還を要求しなければいけないのですが、素人だと限界がります。

 

弁護士ではなく素人だと、強気に出てくる業者は多いのです。

 

本来は過払い金の全額を返済する必要があるのですが、50%なら返還できるなどと、
足元を見られる可能性もゼロではありません。

 

こうしたトラブルを回避するためにも、債務整理は弁護士に依頼して行うのが基本です。
任意整理、個人再生といった方法でも、借金を大幅に減額することができます。

 

実際に弁護士に債務整理を依頼した方は、こんなに簡単に借金を整理できるのかと驚かれています。

 

債務整理の依頼をすると、弁護士がその旨を書面で債権者に伝えてくれます。
書面が届いたら、債権者はいっさい取立てができなくなります。

 

取立てをすると違法になりますので、リスクを冒してまで取り立ててくることはありません。

 

取立てが嘘のように止まったとき、依頼者は債務整理のすごさを実感するのです。

 

自分でどんなに交渉しようと、厳しい取立てから逃げることができなかったのに、
弁護士が書面で通達をすると、その時点でピタリと止まります。

 

さらに、債務整理が完了するまでは、借金を返済する必要がありません。

 

毎月10万円ずつ返済していた方ならば、1円も返済する必要はありませんので、その間にお金を貯めておくのもいいでしょう。
債務整理が完了して返済計画が決まるまでには数ヶ月を要します。

 

返済計画が決まったら、任意整理は元金だけを返済、個人再生は借入額の2割を返済していくことになります。

特定調停を個人で行う

借金は交渉次第で減額できる

返済できない借金を抱えている場合は、債権者へ交渉をすることで借金の減額が可能となります。

 

この手続きを特定調停といいます。

 

特定調停とは、債務者が申し立てをすることにより
簡易裁判所が債務者と債権者の仲介に入り借金の減額交渉をすることです。

 

減額できるのは利息分となり、元金を減額させることはできません。
それでも利息がなくなれば返済もかなり楽になるでしょう。

 

特定調停は申し立てから書類の用意、交渉まで全て個人で行う手続きになるため手間は避けられませんが、
裁判所がサポートしてくれるのでやってできないことはありません。

 

また、特定調停と同じ方法で、弁護士や司法書士などの法律家が
債務者の代理人になり債権者に減額交渉をしてくれる任意整理もありますが、

 

法律家に依頼する分、費用はかかります。

 

その点、特定調停は個人でおこなうため法律家に依頼する費用が掛からず、かなり安く済ませられるというのが利点です。
知識、交渉力、時間があるという方は個人で借金減額を行った方がお得でしょう。

 

特定調停の進め方

特定調停の最終目的は返済ですので、定期的な収入がある人が手続きを取ることが可能です。

 

まず、債務者が簡易裁判所へ出向き、受付窓口で相談をして特定調停の申し立てを行います。
近隣の簡易裁判所で構いませんが、債権者の住所を管轄する簡易裁判所でないと受理されないこともあります。

 

その場合は管轄内の簡易裁判所に申立てを行うことになるでしょう。

 

受理されれば裁判所から調停日に呼び出しがありますので、この日に簡易裁判所に出向き債権者を交えての交渉が始まります。
ここでは調停委員が仲裁して調停案の提示、減額の確定、返済計画の練り直しなどしてくれるので心配はいりません。

 

また、基本的には調停員が進んで債権者に交渉してくれるため、それほど難しく考える必要もありません。

 

ただ、何の知識を持たないで挑むのも良くはないので最低限の知識は入れておくことが大切です。

 

必ず減額できるわけではない

調停期間は一概ではないですが、月1で開催され3~4回で成立となりますので、目安としては3~4か月と言ったところでしょう。

 

調停成立となれば合意内容に従い返済をしていくことになります。ただし、絶対に調停成立となるわけではありません。

 

減額交渉は強制ではないので、債権者の好意によって成立するものです。
よって不成立になる可能性もあり、そうなると別の手段を取ることになります。

↓ 借金のお悩み解決なら、街角法律相談所へ ↓


街角法律相談所


公式サイトはこちら