私は弁護士に依頼して、任意整理で借金を解決しました。

借金の悩みは一人で考えていてもどうにもならないものがあります。

 

最初は軽い気持ちで利用を始めた消費者金融での借り入れが何百万円にもなってしまったり、
複数の借り入れを抱えてしまうとなかなか自分での解決が難しくなってしまいます。

 

私も楽になるためにした借金だったはずなのに、
生活を圧迫してストレスになって苦しい毎日を過ごしていました。

 

だからといって悩んでも借入額が減るわけではありません。
しかもひたすら真面目にコツコツ返済していくタイプほど、実は損してしまっている場合もあるのです。

 

それほど借金の問題は難しいものなのです。借り入れの問題を効果的に解決するのが任意整理です。

 

弁護士に相談するのは勇気がいりましたが、任意整理を勧められました。
任意整理は自己破産などのイメージがある債務整理の中でも最も平和的な解決法で、多くの方が行っているものです。

 

任意整理のメリットは借金を圧縮しながら過払い金などを返還してもらう手続きができるというところです。

 

実績のある弁護士に依頼することで、ぴたりと催促が止まりました。
そのおかげで自分らしい生活を取り戻せるようになったのです。

 

任意整理は裁判所申し立てをしない手続きです。

 

そのため官報に名前が載ることもなく、財産の差し押さえもありません。
そのためご近所や家族に迷惑をかけずに生活再建を行える手続きなのです。

 

私の月々の返済額も任意整理を行って大幅に減らすことができました。

 

無料相談を行っている弁護士事務所などもありますのでまずは、
自分の借り入れを見直し、生活再建のために任意整理のことを知りましょう。

全国の債務整理相談所の総合比較サイト

借金で苦しみ、任意整理を検討しても
中々一歩を踏み出せないという人は多いのではないでしょうか。

 

それは一人で抱え込んできた借金の悩みを、相談することでなにか不利益を被ってしまうかも知れないという恐れかもしれません。

 

確かに借金はあまり人に知られたくない悩みです。
中には家族にも内緒にしている方もいることでしょう。

 

街角法律相談所の無料借金減額シミュレーターは、ネットで自分のケースにピッタリな債務整理や法律相談所を無料で紹介してもらえるサイトです。

 

多くの借金に悩む方が利用しているこのサイトの最大の特徴は、
匿名でフォーム入力して返答がもらえるというところです。

 

住んでいる地域とメールアドレス、そして借入件数や借入額を入力することで、最適な相談窓口を紹介してくれるのです。

 

メールアドレスはフリーメールでも構わないので、
誰にも知られずに相談したいという方でも安心して利用できるのです。

 

こちらのサイトに登録している弁護士事務所は150以上もあります。

 

全てが借金問題のプロフェッショナルで実績も充分です。

 

しかも全国の事務所があるので、地方にお住まいの方でも最適な相談窓口を探すことができるのです。

 

任意整理の様々な減額に成功したケースなどの体験談のコンテンツも豊富で、
自分に似た体験談を探すことであらかじめどのような手続きになるかのシミュレートもできるのです。

 

こうしたサイトを利用して任意整理のメリットをもっと理解しましょう。

 

公式サイトはこちら

任意整理を勧める理由

もっとも平和的な債務整理

任意整理は、債務整理のさまざまな方法の中でもっとも平和的なものと言えます。

 

裁判所に申し立てをせずに弁護士や司法書士が、私的に債権者と話し合いをして
和解を求めるというのが任意整理の大きなポイントになります。

 

裁判所を通さないので、市町村区役所の破産者名簿に名前が載る心配もありません。

 

任意整理でできること

任意整理は弁護士や司法書士に依頼して手続きをしてもらうケースが多いです。

 

ですが、まず弁護士などの専門家に受任してもらうと、債権者からの督促や差し押さえなどの接触がなくなります。
そのことで精神的なストレスから開放され、任意整理をして良かったと思う方も多いのです。

 

また各社からの借り入れをまとめて、減額することも可能です。

 

過払い金が発生している場合は、過払い金請求も合わせて行うことができます。

 

また、すべての借り入れを任意整理するのではなく、
任意整理する借り入れと、しない借り入れに分けて行うことも可能です。

 

債務を圧縮して3年から5年で完済することを目標にします。

 

任意整理のやり方

任意整理は弁護士などの専門家に依頼するところから始めます。

 

任意整理は裁判所など公的な機関を通すことなく行う債務整理のため、債権者は応じる義務がありません。
そのため、債務者が個人で任意整理を持ちかけてもうまくいかないことも多いのです。

 

やはり専門的な知識と実績のある弁護士などの専門家に依頼するのが良いでしょう。

 

こうした債務整理専門の事務所ならもっとも良い方法を提案してくれます。
相談するだけなら無料でできますし、任意再生を依頼することを決め、受任されて始めて費用が発生します。

 

弁護士からの受任通知が債権者に行くと、それまで盛んだった督促などはぴたりとなくなります。

 

受任通知が届くと債権者は弁護士宛に今までの借り入れの取引明細を送付しなくてはなりません。

 

この取引明細に基づいて、過払い金が発生していないかの
新法律に基づいた引き直し計算を行って支払いすぎた利息をチェックするのです。

 

こうした手続きをして、債務を圧縮して今支払っている返済額を減額して、完済しやすくすることができます。

 

過払い金が発生している方の中には、借金が相殺され逆に過払い金でプラスになることもあるのです。

 

弁護士はこうした話し合いを債権者と直接行うので、
債務者は話し合いに参加せずに弁護士に任せることもできます。

 

こうしたやりとりは借入件数にもよりますが、数ヶ月で完了して、
減額され新しく設定された返済をしていくことになります。

任意整理のメリット・デメリット

メリットの多い任意整理

任意整理のメリットにはさまざまなものがありますが、
なんといっても弁護士に依頼して受任されるとすべての催促が停止するところは大きなポイントです。

 

厳しい取り立てや、矢のような催促で、会社や家族に借り入れがバレてしまうのではと悩んでいた方でも、
任意整理が始まると債権者は債務者に接触できなくなります。

 

なので静かな生活を取り戻すことができるのです。

 

まずはこのメリットに大きな威力を感じる方が多いようです。
さらに、任意整理は借金を圧縮して減額し、返済額を減らすことができます。

 

まさにこのために多くの方は任意整理を行うとも言えるでしょう。

 

そして過払い金が発生していた場合には、これを取り戻す手続きもできます。
これによって苦しんでいた借金が相殺されて、逆に過払い金が戻ってプラスになるといったケースさえあるのです。

 

裁判所を通さない任意整理

任意整理のもうひとつのメリットは裁判所に申し立てをせずに、弁護士が私的に解決してくれる債務整理ということです。

 

そのため官報に債務者の名前が載ることがなく、
市町村役場の名簿にも名前が乗らないので、密かに債務整理をすることができるのです。

 

裁判所を通すとさまざまな時間的拘束もありますが、任意整理ならその心配もありません。

 

また自己破産のようにさまざまな職業的な制限がないのも嬉しいポイントでしょう。

 

自己破産をすると医者や弁護士、その他さまざまな職業の資格が
失効してしまうのですが、任意整理ならそうした制限はありません。

 

財産の差し押さえなどもないのでご近所などにも知られることなく、債務整理ができるのです。

 

借金を選んで整理できる

一部の借金のみに限って整理できるというのも大きなメリットです。

 

自己破産などをすると、借り入れを選べず、
すべての借金がゼロになりますが、ブラックリストに載ってしまいます。

 

任意整理の場合には一部の借入はそのまま残したまま、
整理したいものだけを減額できるので、自分のペースでの返済が可能になるのです。

 

任意整理のデメリット

任意整理のデメリットはいわゆるブラックリストに載ってしまうことです。

 

このブラックリストとは信用調査をする信販会社の名簿のことで、
このブラックリストに載ってしまうとそれ以降数年間は新たな借り入れをなどができなくなってしまうのです。

 

ただしこれは借金を圧縮して新しい生活へのスタートを切る際に、
再び借金まみれにならないためのサポートと捉えることもできるのです。

払い過ぎた利息が戻ってくることも

任意整理の利点は返済したお金が返ってくる可能性がある

任意整理する最大の目的はもちろん返済総額の圧縮をして
返済額を減らすことですが、中には支払いすぎたお金が返還されるケースもあります。

 

これは過払い金と言って、実は多くの債務者が利息を支払いすぎているケースがあるのです。

 

1000万人以上もの方に過払い金が発生しているという説もあり、
多くの任意整理のケースでこうした過払い金を取り戻しているという実績があります。

 

過払い金とは

過払い金とは利息制限法を越えた利息で、貸付をされていた場合に発生した払いすぎた利子です。

 

グレーゾーン金利とも呼ばれる利子は、消費者金融だけでなくクレジット会社やカード業者など
貸金業者達が利息制限法の上限以上の利子を取り続けていた為に発生しました。

 

利息制限法では総額10万円から100万円未満のキャッシングについては、
18%以上の利息は取ることができないと定められています。

 

しかし、以前は多くの業者でこの18%を超える利息で貸付が行われていました。

 

裁判が起こり、最高裁判所の判決で貸金業者は利息制限法で定められた以上の
グレーゾーン金利を利用者に返還しなければならないと決めたのです。

 

どのような人に過払い金があるの?

一説によると、1000万人以上の人が過払い金を支払い続けたとも言われています。

 

特に4つ以上の借入がある多重債務者や、5年以上に渡って
借り入れをしてきた方などはこうした過払い金が発生しているケースがあります。

 

借金が完済している場合でも、0年以内であれば過払い金請求することも可能で、
発生している方ならほとんどの場合がしっかりと返還してもらうことができるのです。

 

任意整理と過払い金

任意整理をすると、債務の圧縮と同時にこうした過払い金が発生していないかどうかの計算をします。

 

これを引き直し計算といい、これに基づいて過払い金請求を同時に行ってくれるのです。

 

この過払い金請求は自分でも行うことはできますが、やはり実績や知識が不足している点で、
プロである債権者と渡り合うのは難しいと言えるでしょう。

 

過払い金請求には過去からのすべての取引明細が必要になります。

 

なので、そうした資料請求から引き直し計算まで全てを任せられる
専門の弁護士に任意整理と同時に依頼するのがベストでしょう。

 

苦しんでいた借金が減額出来るだけでなく、支払いすぎた利子が
戻ってくる可能性があるのが、任意整理の最も嬉しいポイントなのです。

↓ 借金のお悩み解決なら、街角法律相談所へ ↓


街角法律相談所


公式サイトはこちら