弁護士を紹介してもらい、任意整理に踏み込みました。

先日、任意整理を行い借金を減額してもらいました。

 

任意整理とは、法律家の先生に依頼して債権者に借金減額の交渉をしてもらう方法です。

 

多重債務の返済に悩む方で、返済能力があれば比較的誰でも取れる手続きとのことで、
私は幸いにも仕事はしていましたので返済能力に関しては問題ありませんでした。

 

私が任意整理を知ったのは、親友の勧めからです。

 

実は親友の旦那さんも昔、返済苦の末、任意整理をしたそうなのです。
その頃にお世話になったという弁護士の先生も紹介してもらえ、私は任意整理に踏み込みました。

 

交渉で減額してもらうと聞いていたので、そうなのだろうと思っていたのですが、
私の場合は過払い金での減額が可能となりました。

 

過払い金とは、違法金利による返済を行うことで発生する払いすぎた利息のことです。

 

任意整理では過払い金の確認も同時に行ってくれるらしく、
ここで過払い金があれば、これの返還を求め返済に充当できるそうです。

 

まさか、このようなものが自分に発生しているとは思わず驚いたのですが、
過払い金により交渉をするまでもなく30万円程の借金減額ができました。

 

嬉しい反面、払う必要のない返済を行わされていたと思うと不快ですね。

 

ただ、過払い金を充当しても借金はまだ残っていたので、
交渉による減額も行ってもらい、結果返済はかなり楽になりました。

 

返済も楽になったし、知らないままでいた過払い金の存在を考えたら、やっておいてよかったと思います。

全国の債務整理相談所の総合比較サイト

街角法律相談所   無料借金減額シミュレーターであなたに最適な相談所を全国から探します。
任意整理は、お金を借りた債権者に直接、減額交渉をして債務負担の軽減を受けるものです。うまく合意ができれば、その合意通りに返済することで、残債の返済を免れることができます。もっとも、この合意までの交渉が債務者個人ではスムーズに行うことができません。交渉のプロに依頼するのが、任意整理成功の最大のポイントになります。街角法律相談所の無料借金減額シミュレーターなら、あなたの債務軽減をサポートしてくれる専門家を探せます。

 

公式サイトはこちら

任意整理はどのように行うのか?

借金の返済額を減らす方法

定職に就いており、毎月安定した収入があるが、借金の返済額が多すぎて生活が苦しい、
何とかしたいという場合に最適な債務整理の方法が、任意整理です。

 

任意整理は、裁判所などへの申し立てではなく、債権者である金融業者に直接、借金の減額を交渉します。

 

交渉が成立すると、手続きを取って以降の利息がかからなくなり、
元本つまり負債残高だけを支払っていけばよくなるという方法です。

 

利息分のカットだけでも、かなり余裕が出てきます。

 

任意整理の流れ

任意整理の行い方ですが、まずは弁護士や司法書士などの法律のスペシャリストに依頼するところから始まります。

 

任意整理の交渉をするにあたって、これらの専門職の資格は
必要ありませんし、自分で交渉することも不可能ではありません。

 

しかし、不可能ではないと言っても素人相手では債権者はなかなか交渉に応じてはくれないでしょう。

 

やはり、弁護士または司法書士の力を借りるのが手っ取り早く、交渉も有利に運ぶことが出来ます。

 

特に、債権者の中に悪質業者などが混じっていた場合などは、
弁護士に依頼をして間に入ってもらうことにより、脅されたりすることもなくなるのです。

 

過払い金の計算

依頼を受けた弁護士や司法書士は、受任通知書を債権者に発送し、通知します。

 

この書類には、債権者側から債務者に直接連絡を取ったり、取立てを行ったりしないようにと記載されています。
なので、通知書が送られた後は、借金返済の催促も受けることはありません。

 

さらに、これまでの債権者と債務者の間で交わされた取引内容の開示も求め、
これを基に利息制限法に則った引き直し計算を行います。

 

これによって過払い金が発生することもありますので、これを負債残高に充当して、借金を減額していくのです。
長期間、借りては返しを繰り返していたような場合は、過払い金が負債残高を上回ることも考えられます。

 

その場合は、借金はもちろんゼロになり、逆にお金が戻ってくることもありえます。

 

和解案を作成し、返済を開始する

その後、弁護士や司法書士が行うのは、和解案の作成です。

 

引き直し計算を行って減額した負債残高によって作られます。
任意整理の場合、利息分をカットした負債残高を3年間で返済することになるでしょう。

 

遅延損害金が発生していた場合は、これもカットされます。

 

作成された和解案を提示し、弁護士あるいは司法書士が、債権者と交渉します。
ここで無事同意されれば、和解が成立し、交渉成立となる運びです。

 

その後、返済を開始し、3年間で借金を完済していくことになります。

経験豊富な法律家に頼みましょう

任意整理を依頼するなら弁護士の実績を見よう

任意整理をするなら、弁護士探しからはじめる必要があります。

 

よい弁護士を見抜く方法は、経験・実績がどのくらいあるかです。
弁護士という肩書きを有していても、債務整理をほとんどしたことのない方も多いのです。

 

債務整理は誰が行っても同じではなく、効果が大きく異ってくるため、
必ず経験豊富な弁護士に依頼するようにしましょう。

 

経験の豊富さは交渉力の差となって現れるものです。

 

例えば、任意整理をあまりしたことのない弁護士だと、債権者側に対して安易に同意してしまうことがあります。
過払い金の返還を求めた場合、経営状況が好ましくないので5%しか返還できませんという債権者は実際にいるのです。

 

しかも、その割合で妥協してしまう弁護士もいるため、弁護士選びを間違うと大変なことになります。
100万円戻ってくるはずなのに、5万円しか取り戻せない、なんてことになるでしょう。

 

債権者側は100%返還できたとしても、駆け引きを持ちかけてくることがあります。

 

全額は到底返還できないけど、5%なら無理をすればなんとかなる、などと持ちかけてくる業者もあるのです。
こうした安易な駆け引きに流されてしまうようでは、いい弁護士とは言えません。

 

弁護士は債務者の味方であり、いかなるときも債務者の利益優先を考えて行動する必要があります。

 

弁護士の経験・実績については、ホームページで調べるのが一番です。
債務整理を得意としているならば、必ずその旨が記載してあるでしょう。

 

経験・実績を記載していない場合、借金問題はあまり得意ではないのです。

 

任意整理をするなら街角法律相談所

街角法律相談所は、任意整理をする方のために弁護士の紹介をしています。

 

借金解決のプロだけを集めているので、このサイト内の弁護士なら誰に依頼しても間違いないでしょう。
最近は任意整理で借金を整理する方が増えており、その割合は自己破産・個人再生を超えています。

 

グレーゾーン金利が廃止となり、過払い金返還を
受けられるようになったことで、任意整理をするメリットが飛躍的に高まったのです。

 

さらに最近は債務整理の宣伝CMも活発となり、弁護士事務所間の競争も激化しています。

 

ライバルよりも低い報酬を設定する事務所が増えており、1件につき2~3万円で整理できるほど安くなりました。

 

もし過払い金が発生している場合、借金だけでなく弁護士報酬も
相殺できる可能性があるので、一度相談してみることをお勧めします。

借金額を大幅に減らせる任意整理

借金額を大幅に減額できるのは自己破産だけではない

近年、よく行われている方法に任意整理があります。

 

カードローンやクレジットカードの整理によく使われており、少ない弁護士報酬で依頼できるのがメリットです。
債権者1社につき2~3万円の初期費用がかかり、過払い金が発生している場合は別に成功報酬を支払うことになります。

 

費用は分割対応してくれる弁護士が多いので、とりあえず借金に困ったら相談してみることです。

 

弁護士に借金相談をして、相談をしなければよかったという方はいません。
ほとんどの方は相談後に笑顔で帰られていくのです。

 

複数の解決策が見つかることで、気持ちに余裕ができるのでしょう。

 

任意整理をすれば、借金額が大幅に減ります
ただし、元金は1円も減らないので注意しましょう。

 

減るのは利息であり、任意整理のあとは借りた金額分の返済だけとなります。

 

いわゆる無利息状態になりますので、計画的に返済していけるでしょう。
借金の利用で大切なポイントは、いくら借りたかではなくいくら返済するかなのです。

 

借りた分の金額を返済すればいいと錯覚しがちですが、
借金には必ず利息が発生しますので、返済する金額は元金よりもずっと大きくなります。

 

任意整理を検討する時期というのは、完済できる自信がなくなったときです。

 

安易に返済が嫌だから整理するのは好ましくありませんが、
完済が少しでも厳しいと感じたら、弁護士に相談してみましょう。

 

相談と依頼はまったくの別であり、相談したから依頼の必要があるわけではありません。

 

街角法律相談所で任意整理できる相談所を探そう

任意整理を得意とする弁護士・司法書士を探すなら、街角法律相談所が役立ちます。

 

ここで紹介される相談所は、すべて借金整理に特化しています。
任意整理実績も豊富であり、依頼することで借金額を減らすだけでなく取立てを止める効果も期待できます。

 

借金を1ヶ月以上遅延していると、取立ては厳しいものになるでしょう。

 

そして、1ヶ月以上遅延してしまうと、元の返済計画に戻すのが極めて難しいのが現状ですから、
ここで相談所に相談することをおすすめします。

 

遅延期間が2ヶ月以上になると、すでに返済計画は完全に破綻しています。

 

すぐに弁護士に相談してみて、任意整理を検討する必要があるでしょう。
借金を遅延しても、初期の段階であれば任意整理で事足りることが多いのです。

 

放置しておくと自己破産が必須となり、マイホームを手放すことになりかねません。

 

借金相談は早めに済ませたほうがいいのです。

↓ 借金のお悩み解決なら、街角法律相談所へ ↓


街角法律相談所


公式サイトはこちら