私はFXによる借金を任意整理しました。

みなさんは、FXってご存知ですか?

 

仕組みが簡単で、しかも低資金から始められるため
素人でも挑戦しやすいと言われている投資です。

 

投資には以前から興味がありFXならできるかもと思ったのですが、とはいってもやはり投資は投資です。現実には簡単に儲けられるというわけにはいきませんでした。

 

私も途中でやめればよかったのですが、元は取り戻したいという思いもあり、
気が付いたときには全財産を失っていましたね。

 

さらには借金をして投資をするようになってしまっていたのです。
それが5年前の話で、今ようやく全てのカタがついたので話そうと思います。

 

その当時、どうしようもない状態の私を見て友人が弁護士を紹介してくれました。

 

正直、作った借金の理由が理由だったので弁護士に怒られるのではないかと不安だったのですが、
怒られるというようなことはなく、むしろ私のような理由で相談される方も少なくはないようです。

 

弁護士に相談した結果、私には働いて得た収入があったため債務整理で借金を整理しようということになりました。

 

任意整理は弁護士が債権者に借金の減額交渉をしてくれる債務整理です。
これにより利息分がすべてカット、元金のみの返済でOKとなったのです。

 

ここで返済計画も練りなおされ、ありがたいことに無理のない範囲で返していけるようになりました。

 

向う数年間は借り入れが規制されるようですが、これを機に反省をし、堅実に生活を送っていこうと思います。

全国の債務整理相談所の総合比較サイト

任意整理とは債務整理の手段のなかでも、
もっとも簡便でコストもかからない方法です。

 

どのような方法かというと、借金返済に困った債務者が
債権者と交渉して借金の減額に応じてもらうのです。

 

減額にあたっては、現在適用されている金利の引き下げにより、総返済額を下げ、
無理なく返済できるよう交渉するのがポイントになります。

 

もっとも、お金を借りている立場にある債務者が、お金を貸してくれた債権者に減額を交渉するのは至難の業であり、たいていの場合、債権者は交渉の席にすらついてくれません。

 

ではどうするかといえば、街角法律相談所の無料借金減額シミュレーター で
信頼できる交渉のプロを見つけて、債務者の代理人として交渉をしてもらうのです。

 

街角法律相談所を通じて任意整理をした方の体験談によれば、
次のような非常に助けられる体験をしていることが分かります。

 

まず、司法書士が受任通知を出した段階で、一切の取り立てがストップします。
最近は夜の電話が法律違反となるせいもあり、職場に毎日のように電話をかけてきて辟易している方がいました。

 

仕事に支障をきたすことより、借金苦を会社や同僚に知られてしまうのではと困っていたのです。

 

しかし、請求がストップしたおかげで、精神的な苦痛や不安から解放されたといいます。

 

そして、交渉により、無理なく支払える金額に借金が減額され、毎月の支払いは司法書士を通じて
債権者に払うことになるため、無用なトラブルに巻き込まれずに済む安心も得られます。

 

公式サイトはこちら

30代男性の体験談

借金が膨らみ、自分では解決出来ない状態にまで陥る

30代になり、仕事で担う役職が次第に高くなるにつれ、

責任というものをより強く感じるようになりました。

 

ちょっとした判断ミスが、会社の業績というものに対し深刻な影響を与えてしまうのではないかと考えると、夜もおちおち寝てはいられない状況にまで追い込まれてしまったのです。

 

また職場内での微妙な人間関係を調節する役割を担っていたので、
返って膨大なストレスを溜め込むようになっていました。

 

サラリーマンの約8割は、何らかのストレスを抱えていると言っても過言ではないでしょう。

 

休日になるとショッピングモールやデパート、百貨店に出かけ、
時にはネットショッピングで欲しいものを買いストレスを発散させる事が多くなりました。

 

手持ちのお金がなくなると、消費者金融会社から借入れを行い、返済期日が迫ると別の消費者金融から借り入れていたのです。

 

利息の事等全く考えもせず、いつでも消費者金融から借入れる事が出来ると高をくくっていたところ、
最後に訪れた消費者金融で審査不可能と告げられた時、頭の中が真っ白になりました。

 

二進も三進もいかない状態で、借金だけがどんどん雪だるま状態に膨らんでいったのです。

 

家族や友人に迷惑を掛けたくないという思いだけを強く持っていた私は、とうとう闇金業者にまで手を出してしまいました。

 

返済がストップすると、間髪入れずに督促の電話が入り、トラウマになって
電話に出るどころか外出する事さえままならなくなってしまったのです。

 

任意整理で、借金を整理する事に

心配してくれた友人に全てを打ちあけたところ、法律の専門家を紹介して下さったので、
藁をも掴む気持ちで事務所に駆け込みました。

 

何故借金を重ねるに至ったのか真剣に耳を傾けて下さり、何をどうすれば良いのかという解決策を提案して下さったので、
心のなかに希望の光が差し込んだようで本当に嬉しかったです。

 

専門家から、任意整理という手続きで借金を返済していくようアドバイスされました。

 

任意整理とは、裁判所を介する事無く専門家と債権者が、返済方法や返済額等について交渉し、
債務者が支払い可能になる条件で合意形成を図る事です。

 

債務整理の方法には幾つか方法があるものの、その中で最もよく利用される手法でもあります。

 

裁判所に提出する書類も必要なく、利息制限法の上限金利を超える金利を支払っている場合は引き直し計算を行い、

 

払い過ぎた金利を元本に充当し、借金の額そのものを減らす事が出来ます。
私の場合、業者が任意整理の手続きに応じて下さり、債務の総額が減少したので本当に助かりました。

 

専門家はどんな時でも依頼者である私達の立場に立ち、アドバイスをしてくれるのでとても安心できます。

 

一人で悩みを抱え込んだままでいるよりも、専門家に債務整理を依頼する事をお勧めします。

40代女性の体験談

独身貴族の私がローンに苦しむことになったわけ

私は40代の独身女性です。これまで長く同じ会社で働いていて、480万円ほどの収入がありました。

 

実家暮らしだったので、金銭的にも余裕があって、欲しいモノは色々買いました。

 

その結果、宝飾品のショッピングローンが150万円、
ブランドバックのクレジットリボが70万円あります。

 

そこに来て、母が脳梗塞で倒れて介護が必要になり、実家のリフォームをすることになったのです。

 

その費用はリフォームローンでねん出し、200万円の新たな借金ができました。

 

母が自宅での生活を望んだため、自宅で介護を行っていたのですが、
私自身が体力的にも精神的にも限界となって仕事との両立が難しくなり、会社を辞めることになったのです。

 

つまり、残額420万円の借金を抱えたまま、無収入の暮らしが始まりました。

 

父と母のわずかな年金で、家族3人の暮らしと多額のローンの支払いをするのは困難を極めました。

 

リフォームローンはともかく、自分の買い物のローンは両親の年金を使うわけにもいかないので、
貯金を取り崩したものの、次第に行き詰まってきたのです。

 

借金苦からも介護の苦しみからも解放された

このままでは親子一家心中かというくらい、追い詰められていました。

 

そんなとき、インターネットで偶然見つけたのが借金問題を解決してくれる司法書士の事務所だったのです。
訪問介護の方が来てくれた時間を使って相談に行ってみると、とても親身に話を聞いてくださいました。

 

カウンセリングの末、任意整理を行おうということになり、早速交渉に入っていただいたのです。

 

その結果、14.8%で借りていたショッピングローンは金利ゼロになり、
毎月の返済額とトータルの支払額が大きくダウンしました。

 

リボ払いは金利が18%ほどありましたが、残額を5年の分割払いに変更してもらい、やはり毎月返済額が軽減できたのです。

 

リフォームローンについては、もともと金利が低かったものの、返済期間を延長してもらい、やはり毎月返済額の軽減が図られ、
全体でみても、相談前の3分の1程度まで返済額の軽減ができたのです。

 

さらに司法書士さんの紹介で、経験豊富なケアマネージャーさんと知り合うことができ、その結果、コストを抑えて在宅介護のサポートを受けることができるようになり、週に3回ほどアルバイトに出ることができるようになったのです。

 

この収入で毎月の返済ができるようになりました。

 

司法書士に相談したおかげで、毎日の生活も返済も楽になり、本当に助かったと感じています。

50代男性の体験談

複数の借金を抱えリストラに遭う

私は50代会社員でしたが、勤務先が事業に失敗して

規模縮小を余儀なくされ、少し前にリストラに遭いました。

 

この歳で職を失って働き先が見つからず困っていますが、
それ以上に私を苦しめたのが、働いているときに借りた借金の数々です。

 

残債は次のようなものでした。

 

住宅ローン約1000万円、車のローン180万円、息子の教育ローン100万円、
娘の成人式の振袖ローン80万円、妻が買った宝飾品のローン50万円、

 

毎月の返済額は16万円ほどに及んでいました。

 

働いていればどうにかなった金額ですが、リストラされ、妻も専業主婦なので、どうしようもなくなりました。
職を失えば、さらに借りることもできず、これから家族の生活費と借金の支払いをどうすればいいのか困り果てていたのです。

 

インターネットで借金問題について調べていたとき、司法書士に相談することで解決できるかもしれないと知ったのです。

 

藁をもつかむ思いで相談

司法書士に相談となると、費用もかかるしと一瞬不安が頭によぎりましたが、藁をもつかむ思いで、
その場でインターネットの相談申し込みオームから申し込みをしていました。

 

直ぐに回答があり、2日後には面談をすることができたのです。その結果、提案されたのが任意整理という方法です。

 

債権者ごとに交渉を行って債務の減額をするため、自己破産のように全財産を手放したり、
マイホームを競売にかける必要はない
というのがメリットでした。

 

交渉はもちろん、司法書士が行ってくれます。

 

債務者としての立場は弱いですから、法律知識に長けた交渉のプロが行ってくれることに安心感が持てました。
特に最初の1件目のマイカーローンで、金利ゼロを実現してくれたので、任せて大丈夫という期待がわいたのです。

 

住宅ローンと教育ローンについては仕事が見つかるまで、返済の猶予をもらい、
その間の遅延利息も発生しないという有利な条件を得ることができました。

 

娘の振袖と妻の宝飾品は、ショッピングローンであり金利が非常に高かったのですが、こちらも金利がダウンして、トータルの債務額を減額してもらったうえ、毎月5,000円ずつの支払でいいことになり、だいぶ負担が軽減されたのです。

 

交渉をお任せしている間、気持ちに余裕ができて仕事を見つけることにも積極的になれ、
派遣ではありますが、仕事にも就けそうです。

 

借金の減額と収入の目途がたったことで、心にも余裕が生まれ、
リストラでギクシャクしてしまった家族との関係も回復傾向にあります。

↓ 借金のお悩み解決なら、街角法律相談所へ ↓


街角法律相談所


公式サイトはこちら