借金問題を解決するため、法律事務所を訪ねてみました。

私は車のローンやブライダル費用や新婚旅行のローン、
新居の家具や家電製品などのローンなど複数のローンを抱えていました。

 

当初は順調に支払っていましたが、思いもかけずリストラされ、
アルバイト生活となり収入が大きく減少しました。

 

それからはローンの返済のためにカードローンを借りるなど
自転車操業となり、いよいよ首が回らなくなってきたのです。

 

その際、車内広告で見た借金問題を解決してくれるという法律事務所を訪ねてみる決心をしました。

 

そこでは債務整理について説明を受けましたが、中でも自分のニーズに合っていると感じた手続きが任意整理でした。
裁判所を利用する債務整理は、一般的に全債権者に対して公平に行わなければなりません。

 

ですが、任意整理は債権者を個別に選んで減額交渉が可能です。

 

例えば、マイカーは手放したくないから、家電製品のローンはこれからも、
そのお店でスムーズに買い物をしたいからそのまま返済を頑張るといった選択が可能なのです。

 

そこで、専門家と相談して現在の収入で無理のない返済額まで減額できるよう、
高金利の債務を中心に任意整理を行う計画を立てたのです。

 

専門家は交渉にあたって、利息ゼロを目指すのが基本です。

 

つまり、元本の残債だけ返せばよくなるため、大幅に債務額が減るメリットが得られます
この減額された債務を3年程度で支払い終われば、借金からは解放されます。

 

手続きは専門家にお任せできるので、手間もかかりません。

全国の任意整理相談所の総合比較サイト

街角法律相談所   無料借金減額シミュレーターであなたに最適な相談所を全国から探します。
継続かつ安定した収入があるにも関わらず、借金の返済で給料の大部分が消えてしまい、生活が苦しいという場合があります。せめてもう少し返済額が少なければとお考えなら、任意整理を行なうとメリットが多く感じられるかも知れません。裁判所を通さずに行なえるので、手続きも簡単です。専門家の手を借りることになりますが、どこに依頼していいか分からない場合は、インターネットで街角法律相談所を検索してみると良いでしょう。都道府県別に登録事務所が探せるようになっていますので、居住区域で債務整理に詳しい事務所を見つけることができます。

 

公式サイトはこちら

任意整理とは

任意整理とは、借金の返済が困難になった場合に、お金を借りている債務者と
お金を貸している債権者が話し合いをして、債務者の負担軽減を図る手続きです。

 

これにより、債務者は生活の立て直しができ、新たな気持ちで生活を送れるメリットがあります。

 

借金の負担から軽減される手続きとしては、他にもいくつかの債務整理手続きが制度化されています。
その中でも任意整理はもっとも簡便で代表的な債務整理の手段として、利用者が急増している手続きになります。

 

実は任意整理は、制度化された手続きではありません。

 

他の債務整理手続きが、裁判所など公的な機関を通じて行われ、債権者に対しても
一定の強制力が働くのに対し、任意整理はあくまでも任意であり、強制力がありません。

 

つまり、話し合いに応じるかどうかは、債権者の自由ということになります。

 

一方、債務者としても、全ての債権者に対して行うのではなく、
高金利の債務や返済の困難な債務のみ話し合いを行うなど、任意に選んで個別交渉が可能です。

 

公的な強制力が働く場合は、全て平等に行わなければならないのに対し、
任意であるので、こうした選択も自由にできるのです。

 

任意整理のメリット

この点、制度化された公的な債務整理では、裁判所に出頭する必要があったり、
官報等に掲載されるなど、借金に困っている事実を周囲に知られてしまう虞があります。

 

ですが、任意整理の場合は公的な手続きではないので、その心配がありません。

 

貸金業者や金融機関などの債権者には、個人情報を保護する義務があるので、
たとえ債務者の家族であっても、公言はできないためです。

 

もっとも、お金を貸している債権者というのは、債務者に対して強い立場にあります。

 

また、相手は金融知識や法律知識のある専門業者ですから、
一般素人である債務者が対等の立場で話し合いをするのは容易ではありません。

 

スムーズに借金減額や利息免除の合意を得たいなら、司法書士や弁護士など交渉のプロに依頼するのが賢明です。

 

専門家が任意整理の依頼を受けると、交渉相手となる債権者に対して受任通知を送ります。
この通知を受け取ると、債権者は一切、請求や取り立てができなくなります。

 

これにより、債務者は執拗な督促に追い回される心配がなくなり、まず精神的に楽になれます。

 

その後、交渉が行われますが、利息をゼロにする合意を取り付ける手法が基本です。
返済総額が大きく減り、減額された債務を3年程度で返済する流れになります。

任意整理のメリット

任意整理とは

任意整理とは、借金地獄からの救済を目的とした債務整理手続きの中の1手段です。

 

裁判所等の公的機関を通さずできるため、比較的気軽で簡便に行うことができるメリットがあります。
そのため、債務整理手続きの中でも、利用者数の多いメジャーな手段となっています。

 

任意整理は、裁判所などを介さず、お金を貸した債権者とお金を借りた
債務者との話し合いによって債務の減額等を合意する手続きです。

 

あくまでも話し合いの場に応じるかは債権者の任意となっており、強制力はありません。
そのため、一般的に立場の弱い債務者が話し合いを申し込んでも、相手は受けてくれない可能性があります。

 

なぜなら、債務者は借りる際に必ず利息を付けて返すと約束し、契約を結んでしまっているためです。

 

そこで、弁護士や司法書士などの借金問題解決のプロに依頼し、
交渉役として債権者との話し合いを行うケースが多くなっています。

 

専門家に依頼するメリット

専門家に依頼するメリットとして、まず執拗な督促がストップすることが挙げられます。

 

専門家が任意整理手続きの代理を受任したことを債権者に通知すると、
それ以降、債権者は取り立てや請求が一切できなくなるのです。

 

借金減額の話し合いの前に督促に応じて支払ってしまうと、
せっかく話し合いの場を設けても台無しになってしまうためです。

 

借金の返済に苦しみ、期日の返済が遅延したり滞納するようになると、
郵便による督促や督促の電話、自宅や職場への訪問による取り立てで悩まされるケースも少なくありません。

 

返済しないので仕方ないとはいえ、いくら取り立てに来られても
返済できない状態にあるのですから、精神的に追い詰められます。

 

ですが、任意整理ではまず督促がストップするので、精神的負担が軽くなるだけでなく、
家庭崩壊のリスクや借金に苦しんでいることを職場の人に知られるのを防ぐことができます。

 

専門家に依頼すれば、面倒な交渉は全てお任せできます。

 

専門家は基本的に利息の全額カットを目指して交渉してくれるので、返済すべきトータルの額が大きく減少されます。
特に金利が高い債務ほど、その効果は大きくなるでしょう。

 

減額された借金は、およそ3年から5年の範囲で分割返済する必要があります。

 

この返済期間については、債務者の収入状況や生活状況をもとに、債権者と話し合われます。
無理のない返済額の合意が得られるため、その後の返済が楽になるメリットもあるのです。

任意整理の手続きの流れ

任意整理とは

任意整理とは、借金負担を軽減して生活再建を支援する債務整理手続きの1つです。

 

お金の貸し借りをした当事者である債権者と債務者との話し合いで、借金軽減の合意を図ることをいいます。
任意整理は裁判所などの公的な機関を使うことなく、当事者間のみで行うことができます。

 

つまり、お金を借りた債務者がお金を貸してくれた債権者に話し合いを申し込み、減額交渉を行います。

 

もっとも、家族や親せき、親しい知人などから借りた場合はともかく、
貸金業者や金融機関などの専門業者は、減額の交渉に応じてくれるとは通常考えられません。

 

返すという約束で契約を締結しているので、どうにかして返済するための相談に応じてくれることはあっても、
借金や利息の免除といったことには容易にうなずいてくれないでしょう。

 

つまり、お金を借りている債務者は弱い立場にあり、対等な交渉はできないのです。

 

そこで、一般的には司法書士や弁護士などの借金問題解決を
得意とする専門家に、交渉の代理を依頼することになります。

 

任意整理の流れ

手続きを依頼する際の任意整理の手続きの流れは、次のようになります。

 

まずは、依頼する専門家を探しましょう。
どこの専門家も同じではなく、料金も違えば、交渉テクニックや実績も異なります。

 

親身に相談に乗ってくれるか、精神的なサポートもしてくれるかなど、
人によって相性もありますので、まずは無料相談等に出向いて確かめるのが大切です。

 

信頼できる専門家と出会えたら、手続きを依頼します。
専門家が受任すると、交渉を行う債権者に内容証明郵便にて、受任通知を送ります。

 

これを受け取った債権者が、以降、一切取り立てや督促ができなくなり、
毎日かかってきた電話や郵便物、訪問による取り立てもストップされます。

 

専門家は債権者に取引明細の開示を求め、過去の取引履歴を全て取り寄せます。

 

利息制限法の上限を超えた利率設定はないかなどを確認すると同時に、
資料をもとに減額交渉のためのプランを練るのです。

 

減額のための計画書を作成して債権者との交渉にのぞみ、合意が得られると、合意書を作成します。

 

合意するかどうかは債権者の自由であるため、合意に至るまでには長い時間がかかる場合も中にはあります。

 

ですが、専門家に全て手続きを一任していますから、
その間も債務者は返済の必要はなく、何か特別な事をする必要もありません

 

一般的には利息の全額カットを目指して交渉が行われ、返済総額が大きく減額されることになります。

 

合意に至ったら、その内容通りに、減額された借金を約束した返済期間で分割返済しなければなりません。

↓ 借金のお悩み解決なら、街角法律相談所へ ↓


街角法律相談所


公式サイトはこちら